「分裂」とは不調和である!

ロバート・ガボット

神は共に「混ざり合わせ」、「調和させて」下さいました――このたとえは、二つ以上の成分が一つになる事例から取られています。例えばワインと水の場合、この両者はそれぞれ相手の性質を受け入れ、自分の性質を相手に分け与えます。

二五節は分裂の問題を取り扱っており、その節の後半は前の部分を掘り下げているように見えます。肢体たちが互いにいたわり合っていない所には「分裂」が生じます。みなが誰もいたわらないのは無関心です。一組の人々が一方を軽蔑し、他方につぶやくとき、分裂が生じます。愛によって維持されるべき一つを壊すものは何であれ、分裂の性質を帯びています。「分裂」という言葉を自由に訳すと「反抗」と訳せます。反抗の精神は分裂の始まりです。公の反抗は分裂の行いです。私たちの学びによると、分裂とは「からだの中」に起きる問題です。「それはからだの中に分裂がないようにするためです」。分裂は外側の行動に関する問題である以上に、キリストの各肢体の間の内なる感覚に関する問題です。コリント人たちは分裂のゆえに責められましたが、それは彼らが兄弟たちから離れて別の交わりの食卓を設けたからではありません。無秩序はその水準には達していませんでした。しかし、彼らの間には異なる指導者を仰ぐいくつかの党派があり、こうして不調和が生じていたのです。自分の属する党派の方に、彼らの愛は流れました。他の党派はであり、それらに対する愛の感覚は完全に失われていたわけではありませんでしたが、妨げを受けていたのです。

さて、これは麻痺した体のケースに相当します。半身は激しく痙攣しているのですが、反対側は動きません。この体には感覚の連続性がありません。一方が他方に働きかける自由がないのです。今日のキリストの教会もそうです。感覚が一つではありません。キリストの教会のある部分が福音を宣べ伝えることによって増し加わり、主が多くの救われる人を加えて下さる時、キリストの教会の他の部分は妬みの目で見つめ、陰口を言うかもしれないのです。誰かが失敗する時、それを喜ぶ邪悪な喜びがしばしば湧き起こり、その不名誉な出来事を大声で言いふらそうとします。しかし、キリストの教会は、その目に見える部分について言うと、使徒の時代より遙かにひどい分裂に陥ってしまいました。当時、コリント人たちはつぶやき、高ぶり、党派間で争っていましたが、それでも彼らの一つは見かけ上保たれていました。今では、分離した交わりは公のものとなり、それらの交わりを通してバラバラな感覚が表現されています。自分の党派の利益は他の党派の利益と相容れない、と皆が思っています。

ですから、分裂の内的性質は教会組織の問題ではありません。分裂はの状態の問題であり、本来愛の感覚しかあってはならない所に自己中心的な性質が生じることなのです。キリストのものである人たちを愛する普遍的な愛があるところには、分裂は存在しえません。分裂は党派心です。分裂は一方を過大評価し、他方を過小評価することです。分裂は、その結果どうなるのかに注意を払うことなく、特定のクリスチャンをうらやむことです。

分裂の反対のものとして、からだ全体が喜びや苦しみに完全に共鳴することを聖霊は示しておられます。足に火がついたらどうなるでしょう?痛みが体の隅々にまで走ります。両手は伝わってきた刺激で堅く握りしめられ、心臓は猛烈に痛み、体の調子は一変し、喜ばしい感覚は去ります。他方、手が口に食物の供給を与えるなら、体全体に喜びと力が生じます。

このように、天然の体は霊的な学課を与えるよう設計されています。人の体の各部分には必然的に異なる機能があり、優った所にある部分もあれば、劣った所にある部分もあります。しかしそれでも、すべての部分が和合しており、完全に調和しているのです。一つの部分が誉れを受ける時、他の部分は妬むことなく喜びます。一つの部分が弱くなって機能しなくなる時、他の部分は喜ばずに共に苦しみます。こうして、環境がいかに変化したとしても、それを通して構造的機械的一つだけでなく、霊的一つも現されます。天然の体のある部分が除かれたり、他の部分から分離したりするのは神のなさることですが、それはこのような事が霊的なからだ――教会――にとっていかに憎むべきことかを示すよう意図されているのです。

ガボット 一八五〇年

注記――スポルジョン氏は「剣と楯」誌の一八八一年九月号でガボット氏の書物についてこう書き記しています――
「本誌の読者の中には、人を教える教師でありながら、自分自身もよく教わる必要のある方がおられますが、そのような方々に私たちはこの深遠なる著者、健全なる教師を紹介できたらと願います。ガボットの書物を勤勉に読むことができ、読もうとする人は、大した神学者です。彼の書物が精金のように尊重される日がいつか来るでしょう。」
 ガボットと同時代の別の人は「彼の書き物は百年先を行っている」と言いました。
D. M. パントン