第三章 キリストにある

A. B. シンプソン

私はキリストにあるひとりの人を知っています。(コリント人への第二の手紙一二章二節)

聖書に示されている私たちとキリストとの結合には二つの面があります。それらはギリシャ語の前置詞「~にある(in)」によって最もよく表されています。それは、私たちに祝福の半球を二つ与えます。第一は「キリストにある(in christ)」であり、第二は「あなたたちの内におられるキリスト(christ in you)」です。

これらは異なる思想ですが、互いに相補的であり、これまで述べてきたキリスト生活を共に構成します。

まず第一に、私たちはキリストにあります。「キリストにある」とはどういうことでしょう?それは、キリストが代表となって、私たちのために立ち、私たちがそのすべての恵みと特権にあずかることです。アダムを盟主としていただく限り、私たちはアダムにあります。同様の意味で、私たちの政治的代表者は私たちのために立ち、私たちを代表するので、私たちは彼の中にあります。そのように、キリスト・イエスは私たちのためであり、私たちの代表者です。そして彼の行為はある程度私たちのものになります。彼はご自身のためよりも、私たちのために行動されます。

私たちの罪は裁かれた

1.キリストにあって私たちの罪は裁かれました。彼が十字架上で裁かれたのは、彼の民の罪のためでした。あの暗闇の時、彼は「今がこの世の裁かれる時です」と言うことができました。私たちの罪は彼の上に置かれ、彼にあって取り除かれ、法理的に解決されました。私たちが負うべき罰と、私たちが受けるべき恥と苦しみは、彼の上に下されました。彼に信頼し、彼を救い主として受け入れて、彼との結合の中に入るとき、私たちは自分が受けるべき裁きから救われます。これがキリストにあることの第一の結果です。「私たちは、御子にあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受けています。これは神の豊かな恵みによります」。「ですから今や、キリスト・イエスにある者は罪に定められることがありません」。「私のことばを聞いて、私を遣わされた方を信じる人は、永遠のいのちを持ち、罪に定められることがなく、死からいのちに移ります」。

私たちは義とされた

2.さらに、キリストにあるなら、私たちは彼の義によって義とされます。私たちの罪が取り除かれるだけでなく、私たちの義の欠如も取り除かれます。彼は、私たちが従えなかった律法の要求を満たし、彼ご自身の功績と義を私たちに与えてくださいました。そして私たちは、律法を守った者、彼と同じ完全な精神を現した者のように見なされます。彼の義が私たちに転嫁されました。彼は私たちを罪から義とした後、私たちを放っておくこともできたでしょう。もしそうだったら、私たちは監獄から救われたばかりのあわれな人、生活を始める資力を持たないみじめな宿無しの放浪者のようになっていたでしょう。しかし、キリストは私たちを律法の刑罰から救うだけでなく、彼の立場を私たちに与えてくださいます。「キリストは、私たちに至る義とされました」。「罪を知らない方が私たちのために罪とされました。それは、私たちが彼にあって神の義とされるためです」。これが、キリストにあることによって受ける二番目のものです。罪は消され、失敗や欠如は彼の十全な功績によって埋め合わされます。なんという喜びでしょうか!

イエスよ、あなたの血と義は
私の美、私の栄光の衣です。

3.もし私たちがキリストにあるなら、私たちは御父に受け入れてもらえます。私たち自身を受け入れてもらえます。私たちはキリストと同一視され、彼が占めておられるのと同じ地位を得ます。それは、たんに裁判官が私たちの罪をペンで消すことではありませんし、銀行家が私たちの無限の富をペンで帳簿に記入することでもありません。それは、御父が御腕でご自分の子供を抱いて、まさにキリストと同じ地位に置いてくださることです。

それは億万長者が放浪者を富ませることではなく、御父が放蕩息子をふところに抱いて、「愛する御子」にあって受け入れてくださることです。罪を消され、義を与えられ、彼が愛されるように私たちも愛されること―――これが、キリストにあることの意味です。

神の子供たち

4.しかし、これで終わりではありません。もし私たちがキリストにあるなら、私たちは次に彼との交わりに入り、神にとってキリストと同じ者になります。ですから、「私の父またあなたたちの父、私の神またあなたたちの神」と彼は仰せられます。「彼を受け入れた者、すなわち、彼の御名を信じた人々に、彼は神の子どもとなる権利を与えてくださいました」。「あなたたちはみな、キリスト・イエスにある信仰によって、神の子どもです」。

子たる身分を表すのに、新約聖書では二つの言葉が使われています。一つは「生まれた子」を意味しますが、もう一つにはそれ以上の意味があります。子たる身分を表す二つ目の言葉は、ほとんどの場合キリストの子たる身分にあてられており、イエス以外の他の誰にもめったに使われていません。しかし、その言葉は私たちについても使われており、私たちが再生された神の子供であるだけでなく、キリストと同じように受け入れられていることをも意味します。すなわち、私たちは新生によって子たる身分を持っているだけでなく、キリストご自身の立場をも持っているのです。私たちは神の子供であるだけでなく、「長子」でもあります。東洋人の考えでは、子と長子には大きな違いがあります。長子は世継ぎです。他の者も何らかの分け前にあずかりますが、年長者が跡継ぎです。それで「御子は多くの兄弟たちの間で長子であり」と述べられており、私たちは「長子たち」と呼ばれています。ですから愛する人々よ、あなたたちは天使がなれない「子供」なのです。私たちはイエスのように子です。私たちは「長子たちの会衆と教会」に近づいています。私たちは「神の相続人、イエス・キリストと共同の相続人」です。

聞き届けられる祈り

5.私たちはキリストにあります。そして、私たちの偉大な大祭司が、御座の前で私たちの祈りや礼拝を代表しておられます。ですから、彼ご自身が受け入れられているのと同じように、私たちも彼のゆえに受け入れてもらえます。彼はあなたの名で嘆願を手渡して、その裏に彼の御名を記してくださいます。そして、まるで彼が願っておられるかのように、あなたの祈りは御父のみもとに届きます。キリストご自身の人格と性格が、あなたを代表しています。彼は個人としてそこにおられるのではありません。私たちは個人と見なされるのではなく、キリストと一つである者と見なされます。私たちがこのようにキリストと一つである者として来る時、私たちは自分の望むものを願い、それを受けます。これが次の約束の意味です、「もしあなたたちが私の内に住み、私のことばがあなたたちの内に住んでいるなら、何でも望むものを願いなさい。そうすれば、それはあなたたちにかなえられます」。

共同の相続人

6.さらに、私たちはキリストにあって万物を受け継ぎます。私たちは彼と共に御座に座します。彼のあらゆる豊富――後の時代に臨もうとしているすべてのもの――は私たちのものです。彼はご自分の未来を私たちと結び合わせてくださいました。私たちがいなければ、キリストは決してなにものも所有できません。愛する人よ、もしあなたが「私はキリストのものです」と言えるなら、続けて「私は彼にあってすべてを所有しています」と言うことができます。それで、パウロはエペソ人のために、「キリストがどのような方か、あなたたちが見ることができますように」と祈りました。「すべての支配、権威、力、主権、また、今の世ばかりでなく、来たるべき世においてもとなえられる、すべての名を遥かに超えて、神はキリストを高く上げられました。彼はからだのかしらであり、すべての中ですべてを満たしている方の豊満です」。彼は「私のものはすべてあなたのものです」と仰せられます。私たちはこの嗣業の中に入り始めています。永遠の時代をもってしても、その計り知れない富を使い尽くせません。

彼の所有は私のものとなり、
彼のように私はなります。
彼の神聖な栄光を着せられて、
私は彼のようになります。