第四章 私たちの内におられるキリスト

A. B. シンプソン

そうすれば、私もあなたたちの中に住みます。(ヨハネによる福音書一五章三節)

さて、二番目の思想「私たちの内におられるキリスト」に移ることにします。私たちは彼方の天を仰ぎ見て、そこにキリストを見ました。キリストは天で、彼のすべての従者に取り囲まれ、無限の富を賦与されて、すべての力と支配の上に座しておられます。そうです、それはみな私のものです。しかし、それにまさるものがあります。彼方の御座にあらゆる豊富を見た後、私たちはここに彼を迎えて、私たちの心の中に御座を打ち立てていただき、私たちの心を天そのものにしていただくことができます。

天におられるキリスト

使徒はエペソ人への手紙の第一章で、「あなたたちの目が天を仰ぎ見て、主が持っておられるものを見ることができますように」と祈りました。望遠鏡を覗いて、あの雲を見なさい。彼がどのように昇天されたのかを見なさい。主は墓を超越し、死のかせを超越し、死と地獄の力を超越し、自然界の力を超越し、天使の諸々の位を超越し、あなたを傷つけ痛めかねないすべてのものを超越しておられます。信者が信仰の望遠鏡によって主に従い、すべての支配、権威、力、主権、あらゆる名を遙かに越えて進むとき、信者は計り知れない栄光に目が眩んで、圧倒されてしまいます。

心の中におられるキリスト

これは一つのビジョンです。しかし、さらに読むと、もう一つのビジョンを見ます。使徒は、私たちが天のキリストを見ることができるようにと祈りました。しかし今、使徒は、何かさらに崇高で偉大なもののために、私たちの「内なる人が力をもって強められますように」と祈ります。「パウロよ、それは何でしょう?もっと偉大なものがあるのでしょうか?」。おお、そうです、あります。それはこれです。「キリストが信仰によってあなたたちの心の中に住んでくださいますように。またあなたたちが、愛の中に根ざし土台づけられて、すべての聖徒たちと共に、その広さ、長さ、深さ、高さがどれほどであるかを理解することができますように。そして、知識を超越したキリストの愛を知って、あなたたちが神のすべての豊富で満たされますように」。これはもう一つの天です。これは、天からあなたの心の中にもたらされた天です。第一の思想は、彼方におられるキリストです。第二の思想は、新しいエルサレムのように天から下って来て、あなたの最も深いところに住まいを造られるキリストです。

私たちの内に形造られるキリスト

パウロはガラテヤにいる彼の霊的な子供たちのために、「私の小さな子供たちよ。キリストがあなたたちの内に形造られるまで、私はふたたび産みの苦しみをします」(ガラテヤ人への手紙四章一九節)と叫びました。この祈りは、すでにクリスチャンになっている人たちのために彼がささげた祈りです。「私の小さな子供たちよ」、あなたたちは再生されています。しかし、キリストご自身があなたたちの内に形造られるまで、私は産みの苦しみをします。それは、あなたたちが新たに生まれる以上のことです。それは、新生した人の内にキリストご自身が形造られることです。信者の胸の内にある貴い黄金の小箱が開かれて、その中に黄金の小箱よりも明るく輝く別の宝が収められます。キリストご自身の生ける臨在という煌めく宝石が、信者の心の中心に収められるのです。

「私の小さな子供たちよ、あなたたちは新しく生まれました。しかしあなたたちは、あなたたちのもとに来て、あなたたちの内に住まわれる、さらに偉大な方に欠けています。キリストがあなたたちの内に形造られるまで、私は産みの苦しみをします」。これは人格が形成されることではなく、一人の方が来てあなたの内に住み、そうしてあなたと一つになり、あなたを統べ治めることです。これにより、あなたは心の王国の中でこう歌います、「一人の男の子が私たちに与えられた。まつりごとはその肩にあり、その名は『素晴らしい方、助言者、大能の神、永遠の父、平和の君』と唱えられる。彼のまつりごとと平和は増し加わって終わることがない」。これは心の中に生まれる子供のキリストです。ですから、回心生活だけでなく、キリスト生活、神聖な生活にもなります。この生活は、クリスチャンが一人で戦ったり、もがいたりする生活ではなく、クリスチャンが心の中に主を迎えて主に戦ってもらう生活であり、神が住まわれる宮・器となることです。ですから、無限なる方は「私は彼らの中に住み、彼らの中を歩む。私は彼らの神となり、彼らは私の民となる」と仰せになることができます。「彼らは私の民となり、私は彼らの神となる」ではありません。「私」が最初です。「私は彼らの神となり、彼らは私の民となる」。

キリストの教え

新約聖書に向かうと、キリストのあらゆる深遠な教えの中に、この思想が見いだされます。彼はこの真理を最初から教えようとはあえてされませんでした。なぜなら、弟子たちの用意ができていなかったからです。彼はヨハネによる福音書の第六章でこの真理に言及されました。しかし、「私は天から下って来た生けるパンです。このパンを食べる者はみな、永遠に生きます。私が与えるパンは、世のいのちのために与える私の肉です」と彼が言われた時、弟子たちはつまずきました。弟子たちは「私たちには彼が理解できない」、「これはひどい言葉だ」と言って去って行き、もはや彼と共に歩みませんでした。彼らには、この言葉は空想的で感傷的に思われたのです。

ヨハネによる福音書の一四章と一五章で、彼はこの真理をふたたび解き明かされました。彼は言われました、「人が私を愛し、私の言葉を守るなら、私もその人を愛して、私自身を彼に現します。そして、私の父はその人を愛し、私たちはその人のところに行って、その人と共に私たちの住まいを造ります」。そしてさらに一五章で彼は言われました、「私はぶどうの木であり、あなたたちはその枝です。人が私の中に住み、私もその人の中に住んでいるなら、その人は多くの実を結びます。私なしでは、あなたたちは何もすることができないからです。(中略)もしあなたたちが私の中に住み、私の言葉があなたたちの中に住んでいるなら、何でも望むものを求めなさい。そうすれば、それはあなたたちにかなえられます」。そしてまた彼は言われました、「御父が私の名の中で遣わされる聖霊は、あなたたちにすべてのことを教え、私があなたたちに語ったすべてのことを思い起こさせてくださいます」。ヨハネによる福音書の一七章で彼は、「おお、ただしい父よ、私は彼らのために祈ります。私たちが一つであるように、彼らを一つにしてください。あなたは私の中におられ、私は彼らの中にいます」と言われ、「それは、あなたが私を愛してくださった愛が彼らの中にあり、また私も彼らの中にいるためです」と付け加えられました。

「私も彼らの中にいるためです」という祈りが、キリストがご自分の民のためにささげられた最後の祈りでした。ヨハネによる福音書のこの一七章は、キリストがこの世で語られた御言葉が到達した愛の極致でした。そして、「私も彼らの中に」という最後の言葉は、あらゆる言葉の中でも最も尊い言葉です。おお、もし彼の祈りが成就されることを望むなら、愛する人よ、私たちはこのメッセージの意義の中に入り込み、それが実際の経験となるまで止まってはなりません。

手紙

何度も何度も、後に続く手紙全体を通して、この同じ真理が繰り返されることがわかります。コロサイ人への手紙の中で使徒は、「世々にわたって隠されてきたけれども、いま現された秘密もしくは奥義」について語ります。彼はそれを述べるのを恐れているかのようです。驚くほど良い知らせを告げようとする人のように、彼は逡巡し、ためらいます。それほどまでに、その奥義は重大なのです。その奥義は世々にわたって隠されてきましたが、いま現されます。この奥義を明かすために使徒が遣わされた人々に対して現されます。この奥義は、それを受ける人以外誰も知らない名がその上に記されている白い石のようです。パウロはついに、この印形付きの指輪を花嫁に与えることを許されました。その奥義とは「あなたたちの内におられるキリスト、栄光の望み」です。あなたはこれを受け取ったでしょうか?これはあなたに開かれたでしょうか?「あなたたちの内におられるキリスト、栄光の望み」は新エルサレムの栄光を放つサファイヤです。

パウロはガラテヤ人への手紙二章二〇節でこう証ししています、「私はキリストと共に十字架につけられました。それにもかかわらず、私は生きています。しかし、私ではなくキリストが私の中に生きておられるのです。そして私は、私がいま肉体にあって生きているこの命を、私を愛して私のためにご自身を与えてくださった神の御子の信仰によって生きます」。自分自身のいのちに死んで、その代わりにキリストを受け入れること――この方法によってパウロはこの奥義を得たのです。

そしてさらに、主はパトモス島に来て、ヨハネにこの最後のメッセージを与えられました、「見よ、私は扉の所に立って叩いている。だれでも私の声を聞いて扉を開けるなら、私は中に入って彼と共に食事をし、彼もまた私と共に食事をする」。これはラオデキヤの教会に宛てて記されています――この人々は自分たちを神の教会と称していましたが、その心は閉ざされており、自己が王座に着いていました。彼らは「私は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もない」と言っていました。しかし、その心の外では、イエスご自身が懇願しながら立っておられました。主は閉め出され、朝露に濡れていました。キリストご自身が玄関で扉を叩いて、「だれでも私の声を聞いて扉を開けるなら、私は中に入って彼と共に食事をし、彼もまた私と共に食事をします」と言いながら待っておられました。おお、これは何と悲しい光景、何と恥ずべき光景でしょう!思い出してください、この言葉は七つの教会の最後の教会に宛てられています。この教会は、現代キリスト教の最終的代表者である、今日の教会を表しています。キリストは扉の外におられます。しかし、あなたは中にいて、彼をそこに立たせたまま平然としています。主は「あなたたちは、自分が惨めで、哀れで、貧しく、盲目で、裸であることを知らない」と仰せになっているのに、あなたは「私は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もない」と言っています。

キリストご自身の依存

ヨハネによる福音書第五章でキリストが語られたことを思い出すなら、キリストは独立して自分の生活を送ったのではなく、御父に拠り頼んですべてのことを行い、すべての言葉を語られたことがわかります。キリスト生活は、キリストがまさにこの地上で送られた生活です。キリストは全能の力を持っているのに、「子は自分からは何もすることができません。私はただ聞くままに裁くのです」と言われましたが、これは奇妙なことではありません。私たちの模範としてこの地上を歩まれたイエスは、決して独立しようとはされませんでした。彼は常に御父のいのちを受け取り、御父に依存し、御父によって生きました。「生ける父が私を遣わされ、私が父によって生きているように、私を食べる者も私によって生きます」。

そのように、彼の願いはあなたや私が彼によって生きることです。彼は、ガリラヤの丘陵を歩んだ時の生活を、そのまま繰り返しておられます。彼は御父にまったく拠り頼んで、すべてを天から受ける空の器の生活をされました。ですから彼は今、あなたや私が空の器となって、すべてを彼から受けることを求めておられます。「その日」――「真理の霊が来る時」、彼はあなたを重要人物にするもの、あなたを純粋にするもの――それにより、あなたは座して自分の聖潔を見るようになります――を携えて来られるのでしょうか?決してそうではありません。聖霊が心の中に到来される時に起きることはこれです、「その日には、私が父の中にあることを、あなたたちは知るでしょう」。あなたたちは、いかに私が父とつながっており、いのちのために父に拠り頼んでいるのかを知るでしょう。そして、あなたたちはこのように私に拠り頼むことを学ぶでしょう。「その日には、私が父の中におり、あなたたちが私の中におり、私があなたたちの中にいることを、あなたたちは知るでしょう」。あなたたちが聖なる強い者になるわけではありません。私は聖であって強いこと、そして、あなたたちの中で純粋さと強さになることを、あなたたちは知るでしょう。

キリストは輝かしい日の出と家庭の光景という二つのたとえを用いて、この合一を表しておられます。第一は、「私は自分自身を現します」です。「現す」という言葉は、ギリシャ語では「輝き出る」という意味であり、イザヤが語った「起きよ、光を放て。あなたの光が臨み、主の栄光があなたの上にのぼったから」という言葉と同じ思想を伝えます。これが「私はその人に私自身を現します」というイエスの御言葉の意味です。それは、旧約聖書の最後の約束、「しかし、私の名を畏れるあなたたちには義の太陽が昇り、その翼にはいやす力がある」を暗示します。

もう一つは家庭のたとえです。「私たちは来て、その人と共に私たちの住まいを造ります」。私たちはその人の霊を私たちの住まいとします。かつては嘆かわしく罪深かった心は王の宮殿になります。そこで私たちは彼の臨在の陰に宿り、彼との交わりの喜びの中にとどまります。

キリストは決して私たちから遠いわけでも、
近くにおられるわけでもありません。
彼は明け渡された霊の内に住んで、
そこを私たちの天としてくださるのです。