第3章 御名の力

T. オースチン-スパークス

初期の教会はこの世界で効果的に証ししましたが、それについて考える時は常に、当時優勢だった要素を注意深く調べる必要があります。新約福音伝道の中に、ある偉大な支配的概念があったことは否めません。ですから、その概念のいくつかをはっきりと示すことにしましょう。最も重要なのは御名の力です。

御名の力

キリスト教の最初の数十年を記録している書では、ほぼ次のように言えるでしょう。すなわち、聖霊御自身を除けば――イエスの御名に至上の地位が与えられているのです。天に戻る前に弟子たちに語った言葉の最後の方で主は言われました、「こう書かれています。『キリストは苦しみを受けて(中略)そして、悔い改めと罪の赦しが、彼の御名の中で、すべての国に宣べ伝えられます』」(ルカ二四・四七)。ペンテコステの日にペテロは叫びました、「悔い改めなさい。そして、あなたたちはみな、イエス・キリストの御名の中にバプテスマされなさい」(使二・三八)。足の不自由な人を癒す時、彼は言いました、「ナザレ人イエス・キリストの御名の中で起きて歩きなさい」(三・六)。奇跡を見るために駆け寄って来た群衆に向かって、彼はそれが「彼の御名の中にある信仰によって」(三・一六)であったことを告げました。大祭司に向かって彼は、「あなたたちが十字架につけ、神が死人の中から復活させたナザレ人イエス・キリストの御名の中で、この人は癒されたのです」(四・一〇)と宣言しました。議会は彼らに、「今後この名の中で誰にも語ってはならない」(四・一七)と命令しました。脅迫と命令に直面して、教会は「イエスの御名を通してしるしと不思議が行われますように」(四・三〇)と祈りました。「この名の中で教えてはならないと、おまえたちに厳しく命じておいたではないか」と大祭司は言いましたが、彼らは「御名のために辱められるのにふさわしい者とされた」ことを喜びました(五・二八、四一)。このようにずっと続きます。最初から最後まで、御名は力であり、情熱です。

しかし、大切なのは称号や名称ではありません。大切なのは御名の内容です。御名の中には何が含まれていたのでしょう?何が含まれているのでしょう?

第一に、御名は御性質の勝利を現しています。

1.御性質の勝利

ピリピ人への手紙二章九節によると、イエスはその謙遜、へりくだり、死に至るまでの従順に対する報いとして、「あらゆる名にまさる名」を与えられました。これは特に、汚れや傷のない御性質の勝利を表していました。彼は罪のないまま「だれもが受ける試み」(一コリ一〇・一三)をすべて通り、「傷のない御自身を神にささげ」(ヘブ九・一四)られました。この世、悪人、暗闇の力は、結託して彼を堕落させ、罠にかけ、彼の性格を汚そうとしました。しかし、「罪を知らない方が私たちのために罪とされ」(二コリ五・二一)、「木の上で私たちの罪を御自身の身に負われた」(一ペテ二・二四)時でさえ、彼御自身の霊はまっすぐで汚れのないままでした。この勝利は悪の軍勢の根拠を根本から断ち切りました。「この世の君が来」ましたが、彼の内に「何も持っていません」でした(ヨハ一四・三〇)。御名は試みを受けて確証された聖さの化身です。ですから御名は、罪人が罪に打ち勝つための、そして信者がサタンと悪の軍勢に打ち勝つための、勝利の根拠であり手段なのです。

2.柔和さの勝利

これは聖書の中で強調されている特徴です。よく使われている小羊という象徴の意味はこれです。柔和さの本質は私心のなさです。無抵抗で謙遜な公平さや素直さがそのしるしです。柔和さは、その霊的力と道徳的価値のゆえに、あらゆる徳の中で最も遠くまで及ぶものです。被造物と人が滅びに瀕している原因、人と神との間に隔てや不調和が生じた原因、宇宙に裂け目が生じた原因、罪と死というこの苦くて恐ろしい結果の原因、乱れた秩序に由来するあらゆる悲しみや苦しみは、すべてサタンのあの高ぶりのせいです。サタンは高ぶりのゆえに、自分の王座を「神の星々の上に」据えること、「いと高き者のように」なることを熱望しました(イザ一四・一三、一四)。そして、サタンは高い地位から投げ落とされたため、神の御業を破壊して、その御名を辱める陰謀を企てることを熱望するようになりました。この損傷を修復して、あの御名を擁護するという大仕事に取りかかろうとする人は、この邪悪なもの――高慢――の痕跡が自分の内に少しでもあってはなりません。その人はまさに、その正反対のものの化身でなければなりません。サタンの勝利に好都合な根拠が自分の内にあってはなりません。なぜなら、サタンはサタンを追い出せないからです(マコ三・二三)。「彼は御自身を低くし」(ピリ二・八)というこのささやかな句は、神の道徳的・霊的宇宙の中で最も強く、最も有効な力の一つについて述べています。

ですから御名は、サタンを滅ぼすこの徳を表しており、それゆえ、聖霊の力の中で用いられる時のその効力を表しています。

愛の勝利

この宇宙はすみずみまで憎しみで荒廃しています。悪の軍勢は、先に述べたように神に対して最初の憎しみを抱いた時から、常に次のことを行ってきました。すなわち、人を神に敵対させること、そして不信、疑い、恐れ、嫉妬、競争、罪、他の数千の方法により、人――神の首位の被造物――を自滅させることを行ってきたのです。このような世界の中に、神の愛を宣言してそれを示す御方、新創造の中で神の愛を教える御方が到来されました。これは愛の御霊を息吹き込むことであり、愛の実を結ぶ葡萄の木を植えることでした。新約全体にわたってこの愛の問題を追うなら、新約はまさに愛の契約であることがわかるでしょう。キリストの十字架は、宇宙のあらゆる憎しみ――人の憎しみやサタンの憎しみ――が一つになって溢れ出た場所であり、神が愛の限りを尽くしてそれを対処して打ち負かした場所です。この勝利が御名の中に具現化されているのです。キリストの御名を帯びている人で、他の人を憎める人はだれもいません。

さらにどれだけ多くのものが、御名の中に込められていることでしょう!真理の力、信仰の勝利、さらに多くのものが込められています。それは実に、天においても、地においても、地獄においても、力ある御名です。聖霊は御名の意味、性質、内容をすべてご存じです。聖霊がこの御名を擁護して讃えるために到来された時、そして教会が聖霊の油塗りの下で生きて働いた時、「力強いこと」が御名の中で起こりました。

御名の意義を新たに認識してその根本に立ち返り、御名を信じる信仰を回復するなら、当時と同じように今も、御名に効力のあることがわかるでしょう。しかし、御名の栄誉を求めて万事にあたる情熱がなければなりません――「これはイエスの御名に栄光を帰すものだろうか?」ということだけを考えて万事にあたる、ねたむほどのひたむきさがなければならないのです。

ですから御名は、私たちの祈りや告白に付け足すべき、たんなる決まり文句ではありません。御名は力です。しかし、その力が現されるには、すべてが御名とその神聖な保持者の性格にふさわしいことが必要であり、そしてそれによって支配されることが必要です。私たちは御名を口にするかもしれませんが、スケワの七人の子たちに起きたように(使一九・一四)、悪の軍勢は私たちの方を向いて私たちを引き裂くかもしれません。なぜなら、彼らは当人を知らないからです。「イエスについては知っている。パウロについても知っている。だが、おまえは何者だ?」。御名は御霊の力の中で取り、用いなければなりません。そして、この力が見いだされるのは、曇りない喜びをもってイエスが真に現存される所以外にありません。