第二章 彼の地位――御父の愛によって

T. オースチン-スパークス

前の黙想で聖書におけるキリストの偉大さの根拠――キリストは万物の意義であり、万物の目的・性質であり、万物の最終的な試金石です――を網羅したので、今、彼の地位について考えることにします。

2.彼の地位――御父の愛によって
無限の神の愛がその動機でありその力である

彼の地位は御父の愛によります。無限の神の愛がその動機でありその力です。これが、彼に与えられた地位に彼が定められたことの背後にあります。

これは幾つかの方法で啓示されています。それは全聖書の中に啓示されています。

(a)全聖書の中に

以下の多くの御言葉が直ちに思い浮かびます。ほんの一部だけ示しましょう。

「あなたは世の基を据える前から私を愛されました」(ヨハ一七・二四)。
「また御子を通して彼は宇宙を造られました」(ヘブ一・二)。
「主よ、あなたは初めに地の基を据えられました。諸々の天はあなたの御手の業です」(ヘブ一・一〇)。

しかし彼がこの世界の基を据える前に、この世が存在するようになる前に、彼は御父の愛する者であるという宣言があります。

「父は子を愛して、御自身が行われるすべてのことを子に示されます」(ヨハ五・二〇)。
「父は子を愛して、万物を子の手の中に与えられました」(ヨハ三・三五)。
「それゆえ父は私を愛しておられます。それは私が自分の命を放棄するからです。それは私がそれを再び得るためです」(ヨハ一〇・一七)。
「父が私を愛しておられるように、私もあなたたちを愛しました」(ヨハ一五・九)。
「天からの一つの声が言った、『これは私の愛する子である』」(マタ三・一)。
「それは私たちが(中略)愛する者の中で私たちに無代価で与えられた彼の恵みの栄光の賛美となるためです」(エペ一・六)。
「彼は私たちを暗闇の権威から解放して、彼の愛する御子の王国の中に移して下さいました」(コロ一・一三)。

このようにもっと続けることもできます。しかし、次のことを示すのに十分な引用はしました。すなわち、キリストは御父の愛によって御自身の地位を得られたことを聖書は啓示しているのです。

しかし、これは直接的な明示的文章でそう述べられているだけでなく、すべてがこれを指し示しています。旧約聖書におけるキリストの絵図はみな、豊かさと嗣業とを目的とする愛の観念を明らかにします。私たちは時としてアダムが堕落する前のたちまち過ぎ去る束の間の輝かしい朝を見落としがちだと思います。そうではなく、それは神が創造された人に対する神の愛の絵図なのです。愛――そうです。計画する愛、与える愛、同伴する愛、願う愛です。それは愛の絵図であり、すべては豊かさと大いなる嗣業とを目的としています。それを理解してさえいれば、あの反逆と不従順は他の何ものにもまして、これほど世を愛された神の心に対する一撃だったことがわかったでしょう。アダムは堕落する前キリストの型だった(ロマ五・一四)、と私たちは告げられています。一つの型にすぎませんが、神と人との間の愛の関係と、極めて豊かな嗣業を人に得てほしいという願いがそこに十分に示されています。これらの顕著な個人的絵図、キリストの絵図を少し垣間見ることにします。

イサクについて――イサクを取り巻く愛の要素を見落とすことは不可能です。彼は父の愛する者であり、特別かつ独特な愛の対象でした。「イサクから出る者が、あなたの子孫と呼ばれます」(創二一・一二)。嗣業は彼の愛する子の系統に引き継がれます。

ヨセフについて――おそらく、ヨセフほどキリストの偉大な絵図は旧約聖書中にありません。しかし、彼は父親が何と愛する者だったことでしょう!どのようにして彼は栄光、豊かさに至ったのでしょう?彼の地上の父よりも偉大な御方の妬むほどの愛によってです。なぜなら、彼は来るべき方の絵図だったからです。ヨセフがキリストの予型であることに間違いはありません。銀二十枚で売られ、すべての望みを断たれて視界から消え去り、地下牢の最深部に投げ込まれ、極めて苦々しい魂の苦しみを味わい、よみがえって栄光と権力に至り、彼の兄弟たちに命をもたらしました。そうです、ここにキリストの絵図があることは明白です。しかし、その支配的特徴は豊かさに至る愛です。

あるいはイスラエルを見て下さい。歴史の中にもし神秘が一つあるとするなら、それはイスラエルに対する神の愛の神秘です。すべての光に照らして見ると、そうであることがわかります。神はイスラエルのことを「私の子」「私の長子」として語られました。「私はあなたについて、あなたの若いときの優しさ、花嫁の日々の愛を覚えている」(エレ二・二)。神はここでイスラエルに関する愛人のように語っておられます。驚くべき愛であり、すべては嗣業を目的としています。見本としてこれほど徹底的に神の愛を注がれた国民が、神への愛と神の御子への愛とこれほど正反対のものを示す国民になるとは、不思議ではないでしょうか?豊かさを目的とした愛に関するキリストの数々の絵図のこの物語について、旧約聖書からさらに追加することもできます。

貴さと栄光の観念を伝える、キリストに関する一連の象徴や型の組がもう一つあります。ここで言う貴さとは、神の目から見た貴さのことです。ここにあなたの学びのための題材があります。栄光は天の標準にしたがったものであり、それはすべて暗黙的に示されたキリストです。これについてはここまでとします。彼はその地位を御父の愛によって保持しておられることが、直接的文言によって、また多くの絵図・象徴・型によって、聖書の中に啓示されているのではないでしょうか?

(b)神のすべての働きに対する愛とは正反対のものによって

しかし次に、この同じ事実は神のすべての働きに対する、愛とは正反対のものによって啓示されます。反対側から、これを確証するものが常に得られます。まさにこのことに関する最も強力な確証は、御父の愛によってキリストが保持しておられるこの職位と地位に対する敵の強烈な敵意から得られます。ああ、歴史を通して、そして今もなお、これが反対の方法で何を引き起こしてきたことでしょう!先ほど述べた数々の絵図に関して見られる妬み、疑い、憎しみ、偏見、高ぶり、殺人はみな、その表れにすぎません。これらのものがみな、彼の愛する御子に対していっそう多く噴出しました。あなたはこれをどう説明するでしょう?私たちは時々歌います、

一体、私の主は何をなさったのでしょう?
この暴動と悪意はどうしてでしょう?
主は足なえを走らせ、
盲人に視力を与えられました。

この世の粗野な人ですら、「私は彼の中に何の罪も見い出さない」(ヨハ一八・三八)、「この罪のない人の血について、私には責任がない」と言いました。この暴動と悪意はどうしてでしょう?その答えは、それは下にある地獄から来た、というものです。それは御父の愛と、この愛によって彼が置かれた地位のためです。これは数々の事実を述べたものにすぎない、とは思わないで下さい。これがまさにキリストとの私たちの合一の核心にあります。「父が私を愛されたように、私もあなたたちを愛しました」。キリストとの合一が私たちをどこに導くかがわかります。これを述べるのは、「この人は多くのデータや事柄について述べているにすぎない」とあなたが思わないようにするためです。いいえ、地獄はこの問題を気にしています。それはとても意義深いです。キリストの権益の前進を目的とするものはみな、それが何だろうと、ただちに邪悪な嫉妬、疑い、憎しみ、偏見、そしてもし可能なら殺害の対象になります。この反対は、人々に関する限り、何の理由もなく生じます。取り調べや調査もせずに生じます。それはたやすく、自動的に生じます。そして、それは極めて理不尽で非合理的な姿勢で取り囲まれます。そういった姿勢の多くは公正な調査で破綻します。しかし、それは存在します。どうして人々はこの手のものに捕われてしまうのか、という疑問が依然として残ります。しかし、それがどこから来るのか、私たちはよく知っています。そして、それは御子に関する神のあらゆる働きに対する愛とは正反対なのです。

(c)御子が誉れを受けなければならないという御父の要求によって

これは、第三に、御子が誉れを受けなければならないという御父の要求によって啓示されています。「これは私の愛する子である」という宣言が天から臨みました。「彼に聞きなさい」(マタ一七・五)。ここに御子の地位に対する御父の妬むほどの熱心さが見られます。御父は御子を素通りされませんし、熱心な使徒が御子の前に進み出ることすら許されません。私たちは「栄光と誉れを冠として与えられた」(ヘブ二・九)イエスを見ています。ペテロは変容に言及して、多くの年月が過ぎた後に、「彼が父なる神から誉れと栄光を受けられた時、厳かな栄光によって、『これは私の愛する子、彼を私は喜ぶ』という声が彼に発せられました」(二ペテ一・一七)と述べました。彼は御父から栄光を受けられたのです。

黙示録では、これが中央大広場で合唱されています。「屠られた小羊は、力と富と知恵と勢力と尊貴と栄光と祝福とを受けるのにふさわしい」(黙五・一二)。御父は御子に誉れを授けておられます。私はヨハネによる福音書から引用しませんでした。なぜなら、御父が御子に誉れを授けておられることについて、御子御自身が述べておられるからです。私たちはそれを受け入れますが、それを確証するものはもっとたくさんあります。彼の地位は御父の愛によります。それゆえ、御子が誉れを受けることを御父は要求されます。

さて、これはとても実際的なことです。イエス・キリストを経ずに神に至ろう、とあなたは思っているのですか?御父の定めでは、すべてが御子と共にあります。さて、これは包括的であって、被造物全体を網羅します。彼の中で、彼を通して、彼に至るよう、万物は創造されました。それゆえ、被造物全体についての神の定めは御子と共にありました。すなわち、神は御子という立場に基づいて、創造された万物に対応されるのです。さて、被造物がその最初の君主であるアダムを通して神の御子の諸々の王権を破り、それらを敵対者であるサタンに手渡した時、神は何をされたでしょう?パウロの素晴らしい言葉によると、神はただちに、全被造物のまさに中心に、「失望」を書き込まれたのです。御子の嗣業に対する彼の妬むほどの情熱は、彼は御子の外の敵対者や反逆をご覧にならないことを意味します。パウロは「被造物は虚無に服した」(ロマ八・二〇)と述べています。そしてその瞬間から、被造物の中心に失望があります。これは人にも言えます。人のいかなる達成、成功、偉業、発明にもかかわらず、最後の結末は失望です。私たちの周囲の被造物の中に魅力的で美しいものがあったとしても、それはそこそこ進んだ後、色あせて死んでしまいます。すべてが死と腐敗に服しています。これは失望です。定めは破られました。栄光、豊かさ、究極的完成は、御子に対して定められました。御子の外側では、そのように定められておらず、すべてが失望です。そうではないでしょうか?どうして人々にはこれが分からないのでしょう?他の誰も知らなくても、私たちクリスチャンはそれを知っています。しかし、神はほむべきかな、私たちは神の定めに戻って、この失望は一掃されました。神は私たちのもとに、御子における定めに、キリストとの合一に戻って来て下さいました。

この合一は役職的なものではありませんし、法的・形式的なものでもありません。それは愛情によります。ここで支配的なのは強制ではありません。強制しても愛は決して止まることなく、常に進み続けて究極的可能性に至ります。キリストとの合一はこのような性格のものです。なぜなら、それは神の愛の中心だからです。もちろん、あなたはこれらすべてに関して静かな黙想を大いにしなければなりませんし、私たちがキリストに関して述べていることをすべてクリスチャン生活と関係づけなければなりません。「彼が愛する御子の王国の中に移して下さいました」(コロ一・一三)。この側面――「彼の愛する御子」――だけでも驚くほど素晴らしいですし豊かです。キリストとの合一は私たちをこの立場に、この領域の中にもたらします。ああ、まるで神の愛は彼が見い出される善の程度や悪の程度によって等級が分かれているかのように、この愛を等級付けして考えないようにしましょう。あなたや私に対する彼の愛は、彼が御子に対して抱いておられる愛です。これがその啓示です。キリストに結ばれることは、御父の愛する御子として彼が持っておられる御父との関係の完全な寸法の中に包まれることです。「まさに神として彼が持っておられる御父との関係の完全な寸法の中に」と私は述べていません。人として、御子イエス・キリストとしての彼について述べているのです。

三.キリストの偉大さは霊的・道徳的なものである

「道徳的」というこの言葉をあなたは好まないかもしれませんが、私はこの言葉を特別な限定的意味で使っています。「霊的」という言葉は神の方を仰ぎ見るものであり、御父との彼の合一について物語ります。「道徳的」という言葉は堕落の後に登場したものであり、堕落した人類に由来する事物の体系全体――道徳――と関係があります。ですから、私たちが道徳について述べる時、それは上向きではなく下向きと関係しているもの、神ではなく悪とつながっているものを意味します。ですから、キリストの偉大さが霊的なのは、御父と共にある彼の生活によります。彼の偉大さが道徳的なのは、堕落した性質とその意義全体という下の領域からのものから完全に分離していることによります。霊的そして道徳的というこれらの言葉を使う時、私が言わんとしているのはこれがすべてです。四福音書を読むと、これがすべての背景にあることがわかります。この問題の根底にあるのは常にこの二つのものです。おそらく、先に進むにつれて、これについてさらに見ることになるでしょう。

しかし、あなたに思い出してほしいのですが、全旧約聖書は来るべき聖なる御方、義なる御方、義なる僕の観念の上に構成されています。「あなたはあなたの聖なる者に腐敗を見させられないからです」(詩一六・一)。この御言葉が詩篇にあり、御存知のように、ペテロがペンテコステの日にキリストに関して引用しました。「あなたの聖なる者」。この御方は、霊の領域ではこの称号によって認知されたのです。

悪鬼どもは彼のことを受肉前から知っていました。「私はあなたが誰か知っています。神の聖なる者です」(マコ一・二四)。これはあなたを旧約聖書の遥か昔に連れ戻します。一人の預言者から「義なる者」という句をパウロは引用します。いわゆる堕落を通して罪が侵入した最初の時から、聖なる者、義なる者の探求がなされてきました。義なる人はどこに見い出されるのでしょう?もし彼を見い出せるなら、彼はすべての問題に対する答です。この義なる御方の無数の絵図が私たちに与えられています。アベルは義であるとの証しを得ました。その信仰のゆえに、アブラハムは義と称されました。ノアは義の宣教者でした。聖書を知っているあなたなら、これ以上私の後を追う必要はありません。義なる御方についてのこれらの絵図がたくさんあります。しかしこれらすべての絵図には失敗もありました。そのため、完全に義なる御方を求めるこの探求は依然として答を得ておらず、かなえられていません。依然としてこの義なる御方、この聖なる御方を求める叫びとため息と共に旧約聖書は閉じます。被造物は宙吊りのままです。人々は依然として輝かしい御旨の実現を待ち望んでいます。ある本質的状態の上に、人の中の内的状態の上に、運命がかかっていました。儀式的状態ではなく内的状態にかかっていました。すなわち、内的な義と聖さの状態にかかっていたのです。この状態が人の内に見い出されるまで、すべてが宙吊りでした。ある状態がなければ、この偉大な素晴らしい御旨・運命は実現不可能でした。この点に集中して、これについてよく考えて下さい。神は最善を尽くして人々を助け、励まし、そこにもたらそうとされました。しかし、謹んで述べさせてもらうと、神の御旨は挫折したという感覚があります。神が主権的行為により人々を切り抜けさせて栄光にもたらすことを、状況は許しませんでした。神はそうできませんでした。すべてが内なる状態にかかっていました。ある内的状態がなければ、神の御旨の実現・成就は不可能であり、御旨達成の可能性はありませんでした。神は儀式的状態によって彼らをできるだけ連れて行かれましたが、それがどのように失敗したのかを私たちは知っています。逆に、儀式的状態では内的状態はまったく手に負えませんでした。秘跡はこれを達成しません。義の内的状態がなければなりません。

ああ、神はほむべきかな、キリストの内的状態はすべてを可能にする状態でした。そうです、キリストの卓越性は彼の内的状態であって、彼の法的身分や公的地位ではありませんでした。常にこれを覚えておいて下さい。彼は義式、秘跡、祭儀、規則、挫折したあの体系をすべて遥かに超えて行かれました。彼は内的な在り方のゆえに、それをすべて凌駕されました。これが彼の卓越性です。

(a)天はこれを知っている

天はこれを知っています。そして、これが彼が聖霊で油塗られた理由です。なぜなら、旧約聖書には数々の油塗りがある一方で、それらは部分的・一時的なものであり、それらには何の豊かさもなく、何の永続性もなかったからです。それらは一時的な目的を果たすためのものでした。彼は豊かに、また決定的に、神から油塗られました。彼は永久に油塗られた者であり、神は彼に御霊を限りなくお与えになりました。しばしば述べてきたように、油を塗ることは神が御自身を委ねられることの象徴に他なりません。神は御自身の諸々の要求に応じていない状況にそのように御自身を委ねられる、とあなたは思うでしょうか?天は彼について「あなたは私の愛する子、あなたを私は喜ぶ」と証言しました。

彼は試みを通って勝利しました。彼の内側の状態は、あの悪しき者自身の汚れた手によって、あらゆる形・種類の試みにさらされました。そして、霊的に汚そうとするあらゆる試み、すなわち、彼御自身と神との間に何かを介入させて、この関係と交わり、そして神と共なる清い聖なる真実な歩みを損なおうとするあらゆる試みに対して、彼は勝利されました。彼は勝利して優位に立ち、呪われた地と接触させて神の祝福の圏外にあるものとのつながりを生じさせようとするあらゆる試みに対して勝利しました。これが彼の卓越性です。それは内的です。天はこれを知っています。

(b)人はこれを感じている

人はこれを感じています。それでもやはり、それが意味することを皆が知っています。何らかの方法でイエス・キリストに関して言及される時、人の内にある本能が湧き起こります。それは冷やかしや「すました優等生」といった批判から公然たる敵意に至るまで様々です。そして、それは人の良心に触れたからです。この御方の前では人は居心地が悪く、場違いに感じるのです。自分の存在には何か悪いものがある、と感じるのです。あなたはそれを御存知です。一言も発しなくても、もしキリストがあなたの中におられるなら、あなたはマークされます。人はこの霊的・道徳的卓越性を感じ、そして不快に思います。人はキリストの偉大さを感じています。そして、彼の御前では自分が哀れで惨めな卑しい者であることを感じて、居心地が悪く感じるのです。

(c)地獄は堕落させようとする試みによってそれを証明する

地獄はこれを証明します。さんざん述べてきましたが――地獄は堕落させようとする試みによってそれを証明します。キリストは目標であり、万物の相続者です。そして、この嗣業は神の御子のかたちに同形化されて聖なる不朽のものにならなければなりません。したがって、彼からその嗣業を騙し取り、神の御旨を打倒する唯一の方法、神の御子の道を回避する唯一の方法は、何らかの方法で堕落させることです。これはこれまでずっとそうでした。多くのことが心に思い浮かびます。

彼の偉大さは次のことから明らかである

(a)彼が神を満足させたこと

彼の偉大さは彼が神を満足させたことから明らかです。これは言うまでもありません。神は無限に聖なる方であり、御子を御自身の喜ぶ者として、御自身の喜ぶいけにえを捧げる者として証言されました。そしてそれによって、彼に関する完全な満足を表明しておられます。数々の絵図や型や象徴によると、キリストに属するあらゆるものに対する判決は、神は満足しておられるということです。彼の偉大さは彼が神を満足させたことから明らかです。

(b)彼の贖いの御業

これは彼の贖いの御業から明らかです。なぜなら、罪人は罪人を救えないからです。自分自身の生活と経験の水準を超えて、誰かに益を及ぼすことはできません。キリストが徹底的・決定的・究極的な贖いと救いを達成するには、彼は徹底的かつ完全に罪なき者でなければなりません。彼の贖いはそれに基づきます。

(c)御霊の働き

また、これは御霊の働きから明らかです。これが意味するのは、第一に、御霊はイエスの霊であるということであり、第二に、彼は聖霊であるということです。これによって、すべては言わば試されます。キリストの偉大さは教理や、何らかの事実の宣言ではありません。それはあらゆる方面から実際的に検証されます。さてそれでは、聖霊の御前で既知の罪を抱えたまま逃げようとしてみて下さい。そして、前進できるかどうか見て下さい。聖霊が指摘しておられるものを対処せずに霊の命を成長させようとしてみて下さい。そして、どれくらい遠くに辿り着けるのか見て下さい。これが証拠です。神のあらゆる御旨の頂点は内住する聖霊の賜物であり、聖霊の働きはすべてイエス・キリストの絶対的偉大さと栄光に基づきます。彼はごく小さな点に至るまで働いておられます。それはキリストにしたがっているでしょうか?それはキリストに栄光を帰しているでしょうか?それはキリストを反映しているでしょうか?聖霊が「これはキリストに反しています」と仰せられたのに、私たちがそれに対して自分の目を閉ざし、それを無視して、反逆的であるなら、たとえ次の半世紀生きたとしても、私たちの霊の命はただちに阻まれ、私たちはそれ以上前進できなくなります。聖霊はキリストのために妬むほど熱心です。結局のところ、クリスチャン生活とは何でしょう?それは一組の教理に同調することや、一組の規則に従うことではありません。キリスト教はキリストであり、それ以外何もありません。聖霊は私たちをこの状態に保って下さいます。ですから、すべてが試されます。これまで述べてきたことをみな、聖霊は実際問題とされます。

さしあたってこれについてはここまでにしなければなりませんが、あなたは今やキリストとの合一の意味を垣間見ているのではないでしょうか?ああ、神はほむべきかな、キリストとの合一は、神は彼に完全に満足しておられること、そしてそれゆえ、彼の中にある私やあなたにも満足しておられることを意味します。あなたはこれを把握されたでしょうか?これはクリスチャン信仰の基礎の一つですが、私たちはそれをどれくらい長く把握してきたでしょうか?「自分たちは標準に達しないのではないだろうか」と私たちはあまりにも恐れています。あなたはただイエス・キリストを、あなたのすべての必要を満たす神への答として、信仰によってしっかりと握らなければなりません。そうするなら、聖霊は御自身の立場を獲得されます。大事なのはキリストです。私がいかなる者かではなく、彼がいかなる方かです。そして、これがすべての問題を網羅します。神は彼に満足しておられ、その結果は栄光です。「あなたたちの内におられるキリスト、栄光の望み」(コロ一・二七)。前進できることがわかります。彼が答です。これはすべて神の恵み、素晴らしい恵み、無限で無代価の恵みによります。キリストとの合一はあらゆる問題に応じ、神を満足させ、私たちを栄光にもたらします。