第四章 創造的・種族的合一

T. オースチン-スパークス

「もし誰でもキリストの中にあるなら、その人は新創造です」(二コリ五・一七、改訂訳欄外)。(この訳に注意して下さい。欽定訳を修正・改善しています。)

「なぜなら、私たちは神の傑作であり、諸々の良い働きのためにキリストイエスの中で創造されたからです。神は、私たちが諸々の良い働きの中を歩むように、それらをあらかじめ備えてくださったのです」(エペ二・一〇)。

「万物を創造された神の中に、世々隠されてきた奥義の経綸の何たるかを、すべての人に見せるためです」(エペ三・九)。

「割礼も無割礼も重要ではありません。重要なのは新創造です」(ガラ六・一五、改訂訳欄外)。

「そこでまた、『最初のアダムは生ける魂となった』と書かれていますが、最後のアダムは命を与える霊となりました。しかし、霊のものが最初ではなく、天然のものが最初であり、それから霊のものです。最初の人は地から出て地的であり、第二の人は天から出ています。地的な人に、地的である人々もまた同じであり、天的な人に天的な人々もまた同じです。そして、私たちは地的な人のかたちを帯びているのと同じように、天的な人のかたちをも帯びるようになります」(欄外にある、最後の句の代訳に注意して下さい――「私たちもまた天的な人のかたちを帯びようではありませんか」)(一コリ一五・四五~四九)。

キリストとの合一のこの一連の面について、私たちは自然の順序に従うことにします。つまり、天然のものが最初であり、次に霊のものです。私たちは天然のものの絵図や描写の道を通って、霊的意義に至ることにします。これが神の順序です。万物の機能は霊のものに導くことであることを主は示しておられます。もちろん、この創造の問題では、私たちは特にに目を留め続けることにします。私はできるだけ単純かつ実際的でありたいと思っており、それに怒る人は誰もいないだろうと大いに確信しています。

キリストとの創造的・種族的合一というこの問題を扱うにあたって、次のことを思い出して下さい。神は創造のための一つの模範を持っておられたのであり、一つの模範に向かって働かれました。全被造物のためのこの模範はひとりの人であり、その人は創造された万物の原型である御子でした。もし人が反逆・堕落してこの計画されていた模範の道から逸れていなければ、遅かれ早かれ――それにどれくらいかかったかを述べることはできませんが――遅かれ早かれ、多分早々に、人はその次元に達していたでしょう。人は神の御子のかたちに同形化されていたでしょう。「型に同形化」されて、万物の原型たる方に達していたでしょう。しかし、人は反逆してその道から逸れました。人をその道に回復するために贖いが登場します。贖いの必要が生じるからそうだったように、贖いにおいても、神の御子が模範です。

さて、これはとても単純なことであり、理解するのはとても容易です。少しもたいへんではありません。しかし、これにはそれ以上の内容があります。つまり、型、この原型が何かということです。もちろん、これは私たちにとって全く困難なことです。しかし、神の御霊の働きはみな、この当初の模範にしたがって被造物を完成させることです。

さて、これを理解可能にするにはどう述べればいいでしょう?第一に、これをとても単純な形で述べることにしましょう。西洋世界から極東に初めて行ったとしましょう。それまで極東からの人に会ったことはなく、極東について読んだこともありません。突然――現代の交通機関と同じように迅速に――私たちの世界からその世界に連れて行かれたとします。私たちは最初からすべてを学び直さなければならないことを見い出します。私たちのやり方とは正反対の方法ですべてがなされています。考え方もみな正反対です。活動もみな私たちが受けた訓練や気質とはことごとく正反対です。精神性、行動、習慣、手順、基準、価値、他のあらゆる点で全くの別世界なので、自分がどこにいるのか本当に分からなくなります。まったく途方に暮れてしまいます。立ち止まらなければなりません。その精神性を理解し、世界のそのもう一方の面について知り、順応・適応するのに、半生あるいは一生かかる人もいるでしょう。一つの落ち度もなく、あらゆる面でこの人々の一人のようになれる人は、相当な才能を持つ人である、と言われています。多くの年月が過ぎた後でもそうなのです。

しかし、これをさらに展開することができます。言うべきかどうか迷うのですが、私の人生には劇場によく行っていた時期がありました――といっても何年も前のことです!そこで「火星から来た男」という劇をやっていたのを思い出します。それはとてもユーモラスな劇で、それ以来、私はそれについて時々考えてきました。火星から一人の男が私たちの地球にやって来て、すべてを見て回ります。「これは何だろう?」「どうしてこのようなやり方なのだろう?」「私たちのやり方とは異なります」。そこで彼はすべてを見て回り、比較します。すべてがとても奇妙で、その大部分はとても滑稽で、とても馬鹿げています。彼は行き巡って火星の流儀にしたがってすべてを正します。私が何を言わんとしているかお分かりでしょう。

主イエス・キリストは、それまでこの世界にはいなかったそのような存在、そのような人です。彼御自身は、私たちの世界とは別の世界の個人的体現者でした。私たちがキリストの中に入る時、私たちは彼に属するすべてのものに対して全く不案内です。すべてを最初から学び直さなければなりません。私たちの考えはすべて間違っており、すべて的外れです。私たちの基準、観念、判断、計算、予想はすべて違っています。そうです、構成がまったく異なるのです。あらゆる点で彼は異なっています。そして、新創造もその通りです。注意して下さい――「もし誰でもキリストの中にあるなら、その人は新創造です。古いものは過ぎ去って、見よ、新しくなりました。しかし、すべては神から出ています」。

ですから、クリスチャンになることは一組の教理・教え・理論・観念・実行・形式を受け入れることを遥かに超えたことです。それは新しい世界、奇妙で私たちから遠くにある世界に入ることです。その世界に対して、もともと私たちには何の能力もありません。それらの能力をすべて与えてもらって、最初からすべてやり直し、新しい観念を学ばなければなりません。

さて、これは簡単に聞こえるかもしれませんが、実行するのは簡単ではありません。毎日、私たちはこのことで何度も躓きます。キリストは私たちを怒らせます――そして、私たちがどれほど彼を怒らせているのか、彼だけか御存知です。毎日、そんな具合です。造り変えられること――これがクリスチャン生活です。それはこの新創造、この種族的合一、第二のアダムではなく最後のアダムの中にこのように入ることから始まります。すべては彼によって成就されます。第三はなく、それ以上はありません。これが最後です。

話しているうちに一つの伝説――いわゆる聖クリストファーの伝説――をふと思い出しました。クリストファーは肉体的にとても力が強く、自分よりも強くて自分を打ち負かせる人を生涯探していました――何としても自分より強い人を見つけようとしていました。自分より強い人のことを耳にし、出かけて行ってその人を見つけたのですが、大したことはないことを見い出しました。しかし、その人は彼の探求に気づいて、「悪魔・サタンは自分よりも遥かに強い」と言いました。そこでクリストファーは出かけて行ってサタンを見つけ出し、サタンが自分よりも遥かに強いことを見い出しました。それで彼は自分を売り渡してサタンの僕になりました。彼はしばらくの間、遥かに強い主人であるサタンに忠実に仕えました。しかし、それは誰かがイエス・キリストの御名を口にするまでのことでした――サタンは恐怖のあまり命がけで逃げ出してしまったのです。

そこでクリストファーは言いました、「疑いなく、サタンよりも遥かに強い者がいるようだ。その人を見つけに行こう」。そこで彼はこの方、イエス・キリストを探しに出かけました。そして、彼は一人の隠者に出会い、自分が探している方のことを話しました。すると、隠者は言いました、「行って、この川の渡し守をし、人々とその荷を運んであげなさい。このような慎ましい仕事に身を捧げるなら、あなたはイエス・キリストを見い出すでしょう」。そこでクリストファーは川岸に行き、小さな小屋を建て、昼も夜も人々とその荷を運びました。平穏な時も嵐の時もそうしました。

しばらくたった後、彼は一人の幼子、一人の少年の叫び声を聞きました。その小さな少年は川を渡りたがっていました。「よし」とクリストファーは言いました。「これなら船を出すまでもない」。そこで彼は少年を肩に乗せて川の中に踏み込みました。間もなく風が吹き始めて、川は氾濫する寸前の状態になりました――しかし、その他にも何かが起きつつありました。この少年が耐えられないほど重くなっていったのです。一歩ごとに少年は重くなって行き、遂に哀れなクリストファーは肩に乗っているこの少年の重さに負けてしまいました。そのようなことを彼は経験したことがありませんでした。「少年よ、お前は何者だ?」と彼は息を切らしながら尋ねました。「お前は私を溺れさせようとしている!」。すると少年は言いました、「私はイエス・キリストです」。そこでクリストファーは言いました、「あなた様は私の御主人です!」。もちろん、伝説が告げるところによると、その少年は彼を父と子と聖霊の御名の中にバプテスマし、その時から彼はイエス・キリストの奴隷、聖クリストファーになりました。

まあ、これは伝説ですが、私の狙いに役立つと思います。あなたはイエス・キリストを乗せて、自分が思う以上に乗せることになるかもしれません。あなたは軽々と彼を乗せるかもしれません。クリスチャン生活を軽々と送るかもしれません。それは児戯のようだと思うかもしれません。しかし、間もなく、自分の手に負えないものをあなたは抱え込みます。あなたは一つの宇宙を自分の肩に担い、イエス・キリストが内側に入らない限り、あなたは倒れてしまいます。要点がお分かりでしょう。ああ、確かに、決心カードに署名して「私はクリスチャンになります」と言い、何らかの感情の促しの下で行動し、自分をキリストのものと称するのはとても容易です。あなたはイエス・キリストを乗せますが、間もなく、自分は彼を運ぶことができず彼に自分を運んでもらわなければならないことがわかります。彼は私たちにはあまりにも大きすぎます。これが私たちが毎日見い出していることです。キリストの中にある保証、すなわち、あなたたちの内におられるキリストという補助がない限り、彼は私たちの手に負えません。

しかし、まさにその通りです。キリストは被造物の型、絵図であるだけでなく――被造物の命です。被造物が彼を体現しているように、彼は被造物を体現しておられます。

これを述べたので、今、次の表題の下で、創造的・種族的合一について考えることにしましょう。その表題とは、構成された、条件を与えられた、注意を受けた、です。

(a)構成された

型としてのアダムからその本体であるキリストに、そして次にキリストの中にある私たちに移ることにします。アダムは素晴らしいことに、神と交わる能力を持つよう構成されました。キリストにおける神との合一は霊的です。キリストにおける神との合一の媒体は人の霊です。人は霊を持つよう構成されました。なぜなら神は霊であり、人の霊は人が神との合一・交わりを持つのを可能ならしめるものだったからです。人の霊と父なる神を御子にあってつなぐのは聖霊です。キリストとの合一はまったく霊的な問題です。これが私たちが新しい霊的存在になった理由です。最後のアダムの場合、キリストの場合、御父との合一そして御父との交わりは完全でした。しかし、これは彼の人霊のおかげでした――私はいま受肉した彼のことを述べています――それは彼の人霊のおかげであり、聖霊の絆のおかげでした。それは御父との彼の合一が完全な合一になるためでした。彼の生活、歩み、言葉、行動、命の放棄は、御父と全く一つでした。すべてを彼は御父から受けました。彼は自分の命を放棄する権威さえも御父から得なければなりませんでした。この一つは完全でしたが、それは全く霊的でした。

さて、私たちがキリストの中に、新創造の中に入るとき――私たちの霊は生かされ、新しくされ、そのあるべき地位に回復され、私たちは聖霊を受けて聖霊が私たちの新しくされた霊とキリストとの絆になられます――神との関係がただちに確立されます。神が遠くにおられる感覚はすっかりなくなります。回心・再生の祝福の一つ、キリストの中に入って聖霊を受ける祝福の一つは、神は遠くにおられ、離れていて、近づけないという感覚がすっかりなくなることです。神は近くに、とても近くにおられ、とても現実的です。合一が確立されたのです。

そして次に、確立された霊的合一により、まさにこの構成――すなわち聖霊によって主につながれて新しくされた霊――が全く新しい世界の基礎になります。その世界とはキリストです。それは新しい世界、新しい創造、霊の世界、霊の宇宙であり、そこで私たちは学び直すことになります。幼少期からすべてを新しく学び直すことになります。これを認識しないなら霊の命に大きな害が及びます。キリスト教はそのような体系、そのような道になってしまいました。「救われなさい。せわしくしなさい!」――これがキリスト教であり、私たちの用語の多くは地的体系の意味を帯びています。たとえば、「あなたのみこころが天で行われているように地でも行われますように」という御言葉はやや典礼的になってしまっており、神のみこころを行う天的方法という意味が見失われています。聖霊は、もし御自身の道を進むなら、私たちに普通ならしないような行動をさせ、普通なら決して言わないようなことを言わせ、普通なら決して思わないようなことを思わせるでしょう。まるで、全く別世界にいるようです――まさか自分がそのように話したり考えたりするとは、と時として私たちは驚きます。私たちはそのようにはできていません。そうです、しかし私たちはすっかり建て上げ直されつつあります。それは別世界であり、キリスト・イエスにあるこの創造です。これ以上これについて述べる必要はないと思います。

すべてが今や霊的です。罪(単数形)は基本的に霊的であることを覚えておいて下さい。なぜなら、罪(単数形)は神との関係に触れるからです。神との関係は霊的なものです。罪(単数形)は神との関係に触れます。罪(単数形)は人間の存在目的に逆らいます。ですから、罪を犯す時、私たちは自分のまさに存在目的を台無しにするのです。神の目から見たまさに自分の運命に逆らっているのです。私たちは神との交わりのために造られました。天の王国のために造られました――しかしこれを地理的な事柄にしないで下さい。天の王国は霊的秩序です――そして罪(単数形)は私たちのまさに存在目的に逆らう霊の働きです。私たちはこれを知っています。それが神との関係というまさにこの問題に触れることを私たちは知っています。

罪(単数形)とは色々なことを行うことではありません。様々な名称の詰め合わせで罪(単数形)を呼ぶことはできません。罪(単数形)はただこのような一つの世界から発します。あなたは「これは罪です。あれは罪です」と言うかもしれません。確かにあなたは正しいかもしれませんが、あなたは罪(単数形)の各面を表すそれらの名称の背後に回らなければなりません。罪(単数形)と罪(複数形)は異なります。罪(複数形)の背後にある罪(単数形)は、神に対する私たちの関係に触れるものです。私たちのまさに存在目的に触れて、私たちの存在・構成目的を台無しにするものです。罪(単数形)は霊的であり、救いは霊的です。クリスチャンは霊的な人ですが、それは次のような意味です――すなわち、との関係が確立され、神にしたがっているすべてのものが目的となり、天の王国の全体系が私たちを造り変える聖霊の働きの領域・基礎となったのです。

私は単純な領域の外に出てしまったでしょうか?あなたなら話についてこれると思います。この類のキリスト教は現行の今ある一般的キリスト教――それは「クリスチャンであるにはこのことやあのことをしなければならない」とあなたに告げます――とはかなり異なっています。これはそれとはかけ離れています。さて、次に進むことにしましょう。

(b)条件を与えられた/試された

アダムが神との関係のための能力を持つよう見事に構成された後、彼は試験されました。その目的はその試験に合格することでした。彼がこの試験に合格していたら、どうなっていたでしょう?合格の結果、変容していたでしょう。少し前に「遅かれ早かれそれが起きただろう」と言った通りです。アダムは変容されていたでしょう。すなわち、彼は栄化されていたでしょう。彼が試験されたのは合格するためです。神の御子の行程はすべての神の子の行程であることがわかります。聖霊の働きによって誕生します。人の子がそうであり、神のすべての子もそうです。それから神のみこころの中へとバプテスマされます。なぜなら、バプテスマの意義は第一に――神のみこころに徹底的に委ね、明け渡し、そのために分離されることだからです。他のすべてに対して死に、ただ神に対して生きることだからです。人の子はその立場を取られました。そしてあなたも私もそのために再生されました。それが私たちの前にあります――すなわち、一つの種族に対して死に、別の種族の中でただ神に対して生きることです。次に、この立場に基づいて、彼は御霊を受けました。彼が水の中から出てこられると、天が開けて御霊が彼の上にとどまりました。御霊を受けることが神のすべての子の行程でなければなりません。

次に、奇妙なことに、彼はすぐに試みの中に、その状況の中に導かれました。あたかも、今やすべての準備が整ったと言わんばかりです。彼は御霊によって荒野に導かれ、悪魔によって誘惑されました。人の子は試され、試験され、試みられました。それは荒野の四十日四十夜だけでなく、その後しばらくの間そうでした。攻撃可能なあらゆる方面から攻撃されました。地獄、この世、友人たちから攻撃されました。試験されて試されました――しかし勝利しました。彼の旅が外面的に最長到達点に達した時――そこから彼は転じてまっすぐ十字架に向かわれました――彼が変容したことは無意義ではありません。まるで、それがこの人の目標であると言わんばかりです。エルサレムに上る残りの旅は彼御自身のためではなく私たちのためでした。それは私たちのためであり、私たちをこの同じ道――誕生、バプテスマ、御霊の授受、信仰の勝利、変容――の中にもたらすためでした。究極的に完成された合一について考える段になったら、変容について述べることにします。

(c)注意を受けた

アダムは警告と戒めを受けて、取りうる二つの道の選択肢があること、達しうる二つの決断の候補があることを知らされました。「それから取って食べる日、あなたは必ず死ぬ」(創二・一七)と彼は警告を受けました。警告を受けました――何のためでしょう?個人的変容のためだけでなく、嗣業のためです。神との交わりのために構成され、変容のために条件を与えられ、霊的に向上して嗣業に至るために警告を受けました。何なら、嗣業を世界の主権と呼ぶこともできます。最初のアダムの場合そうであり、最後のアダムの場合もそうでした。そして、教会の場合もそうです――キリストとの合一の中にある、キリストと共なる主権です。

しかし、私たちはいま試されているところです。私たちは御霊から生まれ、神のみこころの中にバプテスマされ、聖霊を受けました。私たちは試されているところです。その目的は個人的変容だけでなく、主権のためでもあります。私たちは諸々の事柄に立ち向かい、諸々の事柄は私たちに立ち向かいます。敵は絶滅していません。主は敵を残しておられます。主は敵がエデンの園の中に入り込むのを許し、敵がアダムのもとに来るのを阻止するために何も行動されませんでした。それと同じように主は、敵を私たちの道から締め出すために、また私たちが敵の道に巻き込まれないようにするために、何もしておられません。主は敵に一定期間働くことを許されました。また、敵があらゆる方面から私たちを攻撃し、追い立て、試みるのを許しておられます――それには一つの目的があります。その目的とは私たちの個人的救いや私たちの個人的栄化ではありません。私たちがキリストと共に主権を持つようになることです。

エペソ人への手紙はこれを完全に明らかにしています。実に、これがエペソ人への手紙の目的です。それは主として個人的なことではありません。個人が団体の一部を成す限りにおいてのみ、それは個人的です。その目的とするところは教会であり、教会は天的戦いの中にあります。なぜなら、教会は「彼のからだ」であり、すべての中ですべてを満たしている方の豊満だからです。そして、彼の普遍的主権の手段・器たるものが教会です。覚えておいて下さい。サタンがあなたを攻撃し、主がサタンに攻撃を「許可」される時、そしてあなたが辛い時を過ごす時、それは単なる個人的問題や、個人的事情ではありません。それは、代々にわたって教会を宇宙統治の都にするという神のこの巨大な御旨と関係しています。敵の攻撃はこれを狙っているのであって、私たちを狙っているののではありません。敵は私たちを通してキリストを攻撃しているのです。このエペソ書に示されているあの合一、あの一つのゆえに、これがみな起きているのです。個人を打てば残りも打つことになることを、サタンはとてもよく知っています。個人を捕らえるなら、残りも捕らえることになるのです。個人からキリストを追い出すなら、人類からキリストを追い出して、彼自身が王位に着くことになるのです。彼はそれを行って、この世の君と称されるようになりました。しかし、それに対する神の反応を私たちは見てきました。神は人々を霊的に天に連れ戻して、義とするために前進しておられます。まるで何も起きなかったかのように、この目的を抱きつつ信仰を持つ人々と共に前進しておられます。しかし、その信仰は試された信仰、試みられた信仰です。私たちはこれを知っています。それはみな私たちを霊的優位性と勝利にもたらすためです。嗣業へ、主権へと至らせるためです。

さて、他の文脈でそうするのと同じように、私は次のことをあなたたちに思い起させて終えることにします。すなわち、嗣業はキリストと教会に対する戦いの鍵です。そして、相続人たる身分には二つの面があります。法的面と霊的面です。新しく生まれた時、私たちは法的に相続人となりました。新創造の中にあるなら、私たちは法的に出生による相続人です。しかし、相続人としての法的身分と霊的に相続する行為とはだいぶ異なります。後で見ることになりますが、聖書は他の文脈と同じようにこの文脈においても明確な区別をしています。ガラテヤ人への手紙はまさにこの思想を巡って構築されています。「相続人は子供である間(中略)父によって定められたその時が来るまで、保護者や家令の下にいます」(ガラ四・一、二)。この手紙はさらに続けます――子供であるなら息子でもあります。私たちはみな息子たちです。それは信仰によって、つまり法的にです。たとえ子たる身分すなわち嗣業の意義・価値を実際かつ霊的に所有していなくてもそうです。私たちは出生により法的相続人です。しかし、霊的成長によって私たちは嗣業の霊的所持者になります。

これについてはっきりしているでしょうか?もし教えに関してはっきりしていないなら、実行と経験に関してはっきりしているかどうか自問して下さい。どれだけ多くのクリスチャンがこの嗣業を享受し、自分たちの嗣業を所有し、嗣業の保有に向かって前進しているでしょうか?多くのクリスチャンはそうしていませんが、それでも彼らは神の子供であり、法的相続人です。法的相続人から霊的相続人になるまでの間に、何かが起きてあなたはこの嗣業を失うかもしれません。新約聖書は常に私たちに告げます。私たちは偉大な嗣業を持っているので、それを失ってはならないことを。私たちは偉大な数々の権利を持っているので、それらを放棄してはならないことを。私たちは永遠の過去からある事柄にあずかるよう召されています――しかし、しかと「あなたの召しとあなたの選びを確かなものにしなさい」。私たちの法的身分と私たちの霊的状態とは異なります。

この新創造でも同じです。私たちは霊的学びをしなければなりません。一つの領域から別の領域に漸進的に渡らなければなりません。戦わなければなりませんし、争いの中に入らなければなりません。自分の救いのためではなく、キリストの中にある私たちの嗣業のためです。私たちは試され、試みられなければなりません。それは自分が良いクリスチャンであることを証明するためではなく、霊的優位性の何たるかを学ぶためです。こうして霊的優位性の中でこの嗣業の中に入ります。無代価の賜物として受けることと、次にそれを受け継ぐべきこととに関する、これらの矛盾のように思われる事柄にあなたは心当たりがあるでしょう。すでに見たように、一方は法的地位であり、他方は霊的地位です。私たちは新創造の中にあります。その圧倒的大部分は彼方にあります。しかし、私たちは進み続けています。確かに、私たちが集会に集まる時は常に、その理由は主と共に前進したいからです。一つの領域から別の領域に移りたいからです。私たちの心は、主が御自身との合一に中に私たちをもたらされたその意義全体の上に定まっています。彼の恵みにより、私たちは切り抜けて前進します。