第八章 命の有機的合一

T. オースチン-スパークス

「義を行う者はみな、彼から生まれています」(一ヨハ二・二九)。

「……彼らは血からではなく、肉の意志からでもなく、人の意志からでもなく、神から生まれたのです」(ヨハ一・一三)。

「御自身のみこころにしたがって、真理の言葉によって、彼は私たちを生み出し(私たちを生み、欽定訳)」(ヤコブ一・一八)。

「まことに、まことに、私はあなたに言います。人は新しく生まれなければ、神の王国を見ることはできません」(ヨハ三・三)。
そして、もちろん、ヨハネ一五章全体をここに置かなければなりません。「私はまことのぶどうの木であり、私の父は農夫です。私にある枝はみな……」等々。

「新しく生まれた赤子のように、悪巧みのない霊の乳を求めなさい。それによって、あなたたちが成長して救いへと至るためです」(一ペテ二・二)。

「……むしろ、愛の中で真実を語り、私たちはすべての事で、彼すなわちかしらであるキリストの中へと成長し込むのです」(エペ四・一五)。

これから述べることには、掘り下げるべき新しい深遠な真理はないでしょうし、多くの人にとっては、おそらく、クリスチャン生活の最も初歩的な事柄、そのまさに始まりに戻るように思われるかもしれません。しかし、何事も当然視しないことが私たちには必要であると私は感じます。私たちはこれらのことを知っており、長く知っていたかもしれませんが、このような事柄については絶えず再教育課程を受けて、これらの基礎的な真理や私たちの命と成長に関する基本法則を思い出す助けをしてもらう方がいいでしょう。私たちの読者の中には比較的若い人々がかなりの割合でおり、疑いなく、霊的豊満の中に入る最も早い道を求めていますし、できるだけ早く霊的生活に進むことに関心を寄せていますので、この言葉は彼らの助けになるのではないかと思います。少なくともこれは、絶えず心に留めておくことが必要な事柄について再び強調することにはなるでしょう。

種の原則

さて、存在と成長の原則は命です。存在と成長の手段・方法は、その中に命を持つ種であり、その中にその種類に属する有機体全体が存在します。それは、確かに、神が命を持つ御自身の被造物の大部分をそれに基づいて構成された原則です。それは機械ではありません――有機体です。それは人工的な手段や外部のエネルギーによって動作・進行するようには造られていません。もちろん、それは外からの食物を必要としますが、食べるには命がなければなりません。それは自らの内にある命によって維持されます。どの種族の種にも、それ自身の中に、その特定の有機体を特徴づけるものがすべて内在しています。その種族の特定の性質、形、大きさ、色、形体、特徴、能力は、命が存在するその種の中にすべて内在しています。もちろん、これは自然の驚異です。それは驚くべきことです。その中に命の小さな胚芽を持つただの一粒の種が成長・発達して成熟すると、あらゆる点で型通りになります。それは素晴らしいことです。これが存在と成長のための神の方法です。それがみなそこにあります。

(a)生まれる

「神から生まれた」特定の人々、すなわち被造物の特定の型に関して、「生まれる」という言葉が使われている幾つかの節を読みました。この種、この生み出す原則は神の御言葉であり、この命は命の霊である神の御霊です。神の御言葉――もちろん、特に聖書中の真理の言葉のことですが、神が仰せられることや真に神から私たちに臨むすべての言葉のことでもあります――の中には素晴らしい将来性や可能性がすべて含まれています。すなわち、神のものになる可能性、神に似たものになる可能性、神の性質を持つ可能性、神の心を持つ可能性、神の特徴を持つ可能性、神が命をそこにもたらそうとされた十分な大きさに達する可能性です。神が生み出そうとされた命の形に達する可能性です。神が語られる時、それはみなそこにあります。神が何かを語られて、御言葉がそれに適した土地に落ち、生み出す信仰というしかるべき応答を得る時、それはみな潜在的にそこにあります。(ある人々について、御言葉は彼らに何の益にもならなかった、と述べられていることをあなたは思い出すでしょう。それは、御言葉を聞いた人の中で御言葉が信仰と混ぜ合わされなかったからです(ヘブ四・二)。ですから、何も生み出されませんでした。この問題には常に二つの面がありますが、あまり詳しく述べたり分析したりするつもりはありません。幾つかのことについては当然のこととして受け取る必要があるでしょう。)しかし、神が何かを語られて、私たちの内に応答、神への返答を御覧になる時、神聖な意図、御旨、可能性、性質、秩序、形、大きさ、他のあらゆるものといった、素晴らしい満ち満ちた豊かさが、神が仰せられたことの中に生じます。何かが起きて素晴らしい可能性が生じます。もちろん、神が御言葉と、生み出す力強い可能性のありったけを携えてやって来られたとしても、私たちの態度のせいで何も起きないおそれがあります。しかし、応答、信仰の応答が与えられるとき、神の御旨・構想の中では何でも可能です。

今、私がこれを大いに強調しているのは、私たちは神の真理を聞くことに慣れ切ってしまっている、と私は感じるからです。あまりにも多くの時、何も起こりません。私たちに語っておられる主と密接な関係にある途方もない数々の事柄を、私たちは十分に理解してきませんでした。主が何かをあなたに語られたなら、心に留めるようよく注意しなさい。それは、それを手放したり蔑んだりしないためです。神はむやみにそのような目的と、そしてそのような途方もない可能性を携えて臨むことはなさいません。神は私たちと遊んでいるわけではありません。主が私たちに語られる時、その可能性と展望は極めて輝かしいだけでなく、極めて厳粛でもあります。これを信じて下さい。彼の語りかけ、彼の御言葉の中には、神が表現されるようになる可能性がすべて内在していることが分かるでしょう。

私は昔これを説明するのに、店に二つの窓がある種売り商の例を用いました。扉の片側に、彼は見物用の種と球根を並べていました――あまり見栄えはよくなく、パッとしません。それらの外見には何の魅力もありません。自分の絵の具を取り出して、種や球根の絵を描きたいと思う人はいないでしょう。しかし、窓の反対側に、彼は満開の花を並べていました――成熟して見事な色と素晴らしい形を帯びています。そして、彼は「これがかのものです。これがかのものの中にすべて内在しているのです」と言います。これが生き物の驚異です。

神が語られる時、神からのものがすべてその語りかけの中に内在しています。そして、あなたと私が栄光に達して彼と共に栄化される時、彼はこう仰せられるでしょう、「これがかのものです。あなたは私が語ったことに注意を払いました。そして、これがその結果です。私はあなたに語りました。あなたは受け取り、従い、勤勉でした。さあ、これがかのものです――これは別のものではなく、まさにかのものなのです」。どうか信じて、心に留めて下さい。主は語ること、生む性質を帯びた語りかけ―― 天で生み出されてその中に天的性質をすべて持つ一つの有機体を生み出す語りかけ――をすることを常に欲しておられます。

しかしもちろん、これは命の御霊の力と保護によります。私たちは御霊を受けなければなりません。御霊が私たちの中に宿って、神の語りかけの中にあるこれらの素晴らしい事柄をすべて実現しなければなりません。もししかるべく私たちの内側に神の御霊がおられるなら、あるいは、私たちが彼を内側に実際に受け入れる前だとしても、もし神の霊が私たちに対する御言葉に伴っておられるなら、もし神の霊がその御言葉に基づいて働かれるなら、神の御旨は実現されます。クリスチャンである私たちにとって、何か言うべきことが神にある時、御霊の中にいることが極めて重要です。あなたが集会に行って、語る必要が神にある場合、あなたが御霊の中にいることが極めて重要です。あなたはあらゆる手段を尽くして、御霊の中にいるようにしなければなりません。御霊を妨げるものや、御霊を悲しませ、神の霊に逆らっていると自覚しているものが何もないようにしなければなりません。なぜなら、もしそうなら何も起きないだろうからです。さんざん聞いても、何も起きないでしょう。しかし、御霊の中にあるなら、神の力強い可能性を御霊はすべて引き受けて現実にして下さいます。

この生み出すことにおいては、隠れた活動の期間、何が起きているのか分からず、おそらく何も起きているとは感じられない期間があるかもしれません。しかし、神が語られた時、何かが起きました。私たちは応答しました。一時のあいだ、当面、何かが起きていることに私たちは気づきませんが、それは公になるでしょう。間もなく、神が何かをなさったことを感じるようになるでしょう。その期間は長いかもしれませんし、短いかもしれません。しかし、次のことがきっと分かるようになるでしょう。すなわち、神が何かを語られたこと、そして、神は何かを語ることによって何かを為し、何かを開始されたこと、御業はやがて明らかになり、何かが秘密裏に進み続けるであろうことです。これが「神から生まれる」ことの意味です。

(b)誕生

これはもちろん、私たちを次の段階に導きます。多くの人々はこの二つの事柄――生むことと誕生――を混同しています。これらの性質あるいは恩寵は同じではありません。誕生――誕生とは何でしょう?誕生とは出現が始まる時、神がしてこられたことが現れ始めて出現する時です。命が今や何らかの神聖な有機体、新しい命、新しい秩序の中で現わされるのです。

私が述べていることにあなたがついてきているのか、私は疑問です。往々にしてクリスチャン生活初期の頃はこのようであることが分かります。神が何かを語られます。彼の霊が私たちと共にその語りかけの中におられます。そして、私たちは応答します。その後、当分の間、何か重大なことが起きたことに私たちは気づきません。しかし、何かが起きました。遅かれ早かれ――それはすぐかもしれませんし、私たちの内におられる神の活動によりほとんど同時かもしれません。あるいは内側の働きがある期間密かになされて、そもそも何か起きたのかどうかについて信仰が試された後のことかもしれません――何かが現れます。そして、以前していたことがまったくできないこと、以前一度もしたことがないことを今やしなければならないこと、自分の思考や会話の方法に疑念が生じて変化と変容の過程を通りつつあることに私たちは気づきます。何らかの新しい秩序が存在中に到来したこと、それによってあらゆる変化が生じつつあることを私たちは見い出します。そして私たちはますます明確かつはっきりと、昔あったものと今あるものとの間に、昔の自分と今の自分との間に線を引けるようになります。これが正常なクリスチャン生活の行程です。つまり、この新しいものが今や自らを現し始めるのです。そして、何か新しいものが生まれたことに私たちは気づきます。以前の自分のままでいることは決してできません。以前していたことが全くできません。新しい方法で振る舞うようになります。別世界から何かが到来しました。新たな開始がなされました。それは全く新しい有機体です。「もし誰でもキリストの中にあるなら、その人は新創造です」(二コリ五・一七)。

ある特定の種の構成に関する要点は、それはその種を表現し始めるということです。これが誕生であり――ある特定の種に属するものです。「人は新しく(あるいは『上から』)生まれない限り、神の王国を見ることはできません」(ヨハ三・三)。神の王国は一種の秩序、事物の性質です。一つの領域、一つの場所であるだけでなく、神の領域の中で物事が神と共になされる方法でもあります。それは神の領域にふさわしく、神の領域に適したものです。神の領域の中で物事が生じて作用する方法です。そしてこの新しい有機体は神の領域の中に生まれるものの性質を示します。時々、小さな赤ん坊は猿のように振る舞いますが、普通は人間のように行動します!つまり、それは型に同形化するのです。赤ん坊のクリスチャンの中にはとても奇妙な行動をする人もいますが、間もなくあなたは、彼らが別の鋳型に属することを理解し始めます。他のすべての人も、彼らが別の秩序に属すること、新しい種類の存在が出現したこと、そして今や、彼らは彼らの種、天の秩序にしたがってごく自然に行動していることを理解し始めます。神から誕生するとは次のようなことです――すなわち、何かが出現すること、何かが明らかになることです。これはとても基本的ですが、試金石でもあります。

(c)成長

そして、これが始まりに関して言えるからには、生むことと誕生に続く成長の問題においてもますますそう言えるようにならなければなりません。ここで二、三のとても単純ではありますが大いに決定的な点を述べなければなりません。

(一)分与されたキリスト

神から生まれ、天から誕生した、この天的有機体の成長の原則・基礎は何でしょう?成長の原則は、最初から最後まで、分与されたキリストです。神の御言葉である全聖書はキリストを中心としています。生むこと・誕生・成長もまた、すべてキリストと関係しています。それは分与されたキリストです。神の御言葉であると主張していてもキリストを中心としていないどの務めも、神の効力を持つことはありません。もし神の目標に到達するつもりなら、キリストを常に前面に保つことがとても重要です。なぜなら最初から最後まで、最初も途中も最後も、神の目的はキリストを分与することだからです――御言葉を通して、教えにより、キリストを分与することだからです。そして、聖霊は御言葉に基づいて、教えに基づいて、キリストに関して働かれます。

これはキリストに関する情報以上のものです。それは御言葉の中におられる御霊によるキリストの分与です。きっとあなたは何らかの方法で――つまり消極的方法や積極的方法により、失敗や成功により――次のことを学んでいると思います。すなわち、もし神の御言葉を無視するなら、もし御言葉の務めを無視するなら、あなたの霊の命は衰退し、あなたの霊の成長は失われて停滞することになるのです。もしあなたの聖書が常に前面に保たれるなら――それを昼夜読み続けるということではなく、それが最高の地位を占めるということです。それは自分が従っている神の御言葉と共に何とかして数分間すごすためです――これが成長の道であり、御霊の道であり、霊的形成の道です。御言葉を無視し、キリストの務めを無視するなら、あなたは霊的に衰退します。

これはとても初歩的ですが、真実です。あなたの聖書が閉ざされたままで手つかずになっていることに対してサタンが何らかの言い訳を持ち出せる場合、神の御言葉や御言葉の務めからあなたを遠ざけておくために彼があなたの手、あなたの心、あなたの時間を何かで満たせる場合、彼はそうします。彼はやって来てあなたの成長を霊的に妨げます。なぜなら、あなたが成長することはキリストが増し加わることだからです。キリストの増し加わりに彼は反対します。

これを大いに厳粛に受け止めて下さい。これを何らかの方法で確認するよう、私はあなたに言います。私たちはみなそれを確認してきました。御言葉の分与を失うなら自分の霊の命を失うことを私たちは知っています。キリストは成長のために私たちに分与されます。そして御言葉に言えることは同じように祈りにも言えます。なぜなら、私たちは祈りの十分の九を主に私たちの便宜をはかってもらおうとする問題、主に近くにいてもらって自分の欲するものを与えてもらう問題にしてしまっていますが、祈りの真の意味は私たちが真に主を受け取ることであり、キリストを受け取ることだからです。私たちが祈りの中でキリストを求めているとき、祈りは素晴らしい回復と刷新と強化の務めになります。道中弱さの中に、ひどい弱さの中にあるとき、これ以上体を引きずって進むのは無理だと思われる時、静かに退いて二、三分主と共にすごして、「主よ、私にはあなたが必要です。力が必要です。刷新が必要です」という祈りの中で主に近づきさえするなら、大いに回復されることがどれほどあることでしょう。これは真実です。私たちが祈りを私たちに対するキリストの分与の問題にもっとしようとしさえすれば――私たちの暮らしを少しばかり容易にそしてもっと楽しくしてくれる多くのものを求める問題ではなくキリストの増し加わりの問題にしようとしさえすれば――!聖霊はそれに基づいて働いて、それに応答して下さいます。ですから、成長は御言葉――その教え、その指示、その務め――を通してキリストが分与されることです――そしてそれは祈りを通してです。

(二)吸収されたキリスト

しかし次に、さらに必要なことがあります。あなたが食物を摂った後、それはあなたに何の益も与えないかもしれません――あなたに多くの害を及ぼすかもしれません。食物がすべてではありません。吸収ということがあります。そして、これに関して敵はたいてい成功を収めます。私たちに一方と他方、すなわち御言葉と祈りをやめさせられないとき、敵はこれを死に物狂いで邪魔しようとします。ですから私たちは必ず、そのために何を一時的に中断したとしても、少なくとも僅かな時間を用いて、この分与について、キリストについて、御言葉について考えなければなりません。

これは内的姿勢を意味します。食物を摂ったとしても、もしその食物に対して言わば適切な内的姿勢を取らないなら、それはあなたに何の益も及ぼしません。膵臓と呼ばれるものに関するある病気があります。もし膵臓が適切に機能しないなら、食物は体を養えません。好きなだけ食物を摂ることもできますが、何の益にもなりません。ひたすら食べることもできますが、その食物は体に益を与えません。膵臓の機能を刺激・回復する何かが必要です。私が何を言わんとしているかわかるでしょう――この消化の働き、御言葉・主・彼に近づくこの内的姿勢は、おそらく一日に二、三分かもしれませんが、吸収にはとても長い時間がかかるのです。これが成長の道です。ある特別集会の十一の集会をくぐり抜けて、山のような知識を得たとしても、それはあなたに少しも益にならないかもしれません。一つの集会の中に、私たちを長時間支えて霊的成長を大いに果たさせるのに十分なものが含まれているかもしれませんが、それでも何の効果もないかもしれません。あなたはそれについてどうするのでしょう?あなたはそれを内的に把握しているでしょうか?あなたの姿勢は、「私はこれを得なければなりません!これが私の霊の命と成長を助けることができるというなら、私はこれを握って咀嚼します!」というものでしょうか――あなたはこの姿勢を取るでしょうか?これが成長に不可欠です。成長は有機的であり、不可欠です。

(三)キリストを知る

そして次に、第三に、成長はキリストを知ること――新約聖書が霊的理解力と呼んでいるもの――によります。聖霊は、御言葉、祈り、私たちの黙想を通して働いて、主に関する知性の中に私たちをもたらします。それは、私たちが「そうです、私はそれを聞き、それを受け入れました。それを握って、それを用いてきました。しかし、私は今、理解しています。その意味、重要性、価値を理解しています」と言えるようになるためです。私たちの霊的成長は、霊的理解力と大いに関係しています。その正しさを御言葉がどれほど示しているか、あなたは御存知でしょう。多くのものを見て、多くのものを与えられた人、「さて、主のビジョンと啓示について言うと、私は一人の人を知っています。その人は十四年前天に引き上げられ、語ることのできないこと、人が語ることを許されていないことを示されました」(二コリ一二・一~四)と言えた人ですら、これをすべて持っていてさらに持っていた人ですら、その生涯、地上におけるその行程が終わろうとしている時に、「それは私が彼を知るためです――これがなおも私の大志です」と言うことができたのです。これは知識による成長です。

そしてこの人は、よく御存知のように、神の務めをかなり豊かに分与された人々――というのは、パウロがどれほど長くエペソにいたのか考えてみて下さい――に書き送りました。彼は自分の務めに関して、「私はひるまずに、あなたたちに神のみこころをすべて宣言しました」(使二〇・二七)と言いました。何と多くのものを彼はエペソの信者たちに与えたことでしょう!それでも、最後に彼らに書き送るにあたって、終わりにかけてこう述べています。「私は(中略)絶えずあなたたちのために感謝して、私の祈りの中であなたたちに言及しています。どうか、私たちの主イエス・キリストの神、栄光の父が、知恵と啓示の霊をあなたたちに与えて、彼を知る知識を得させて下さいますように」(「彼を知る十分な知識」がここで使われている言葉です)。「あなたたちの心の目が照らされますように。それは、彼の召しの望みがいかなるものか、聖徒たちの中にある彼の嗣業の栄光の富がいかなるものか、また信じる私たちに対する彼の力の卓越した偉大さがいかなるものかを、あなたたちが知るためです」(エペ一・一五~一九)。知ること、見ること、理解することは何かを含んでいます。それは拡大の道であり、成長の道です。

もちろん、これは正常な人の場合、当たり前のことです。私たちは成長します。そして成長するにつれて、私たちの理解力は増し加わります。そして私たちの理解力が増し加わるにつれて、私たちは成長します。霊的理解力は両方の道で働きます。主を知りつつあるクリスチャンたち、特に若いクリスチャンたち――メッセージや外面的なものに基づいて生きているだけでなく、主を知る彼ら自身の知識が成長しつつあるクリスチャンたち――を見い出すのは素晴らしいことです。

そして、これは確かにキリストとの生命結合であり、確かに有機的です。それは命の問題であり、命の道です。そして、これはまったく私たちの主との私たちの合一の問題です。これこそそれを備えるものであり、それを生じさせるものであり、それを促すものであり、それを開始させるものであり、それを出現させるものであり、それを完成させるものです。ヨハネ十五章を読むと、それはみな「私の中に」という句に込められていまます。「私の中に」「私の中に住んでいなさい」「私の中で実を結びます」「私の中に住んでいなさい、そうすれば多くの実を結びます」等々。それはみな「キリストの中」にあるのです。