あなたは初めの愛から離れてしまった

著者不明

エペソの教会は、各時代や各世代の教会――キリストの無尽蔵の富を理解し、なおも理解し続けている教会、そして自分の持つ光の中を経験的に歩んでいる教会――を代表しています。しかしこの教会は、「あなたには非難すべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった。悔い改めなさい(中略)さもないと、私はあなたの燭台をその置かれた所から取り除いてしまおう」(黙示録二・四~五)と主から言われている教会でもあります。

「あなたは初めの愛から離れてしまった」というこの警告は、自分の個人的権益が主に対する愛、熱心さ、忠信さと混合してしまったこと、あるいはそうなろうとしていることを、まず第一に言っているにちがいありません。ダビデの勇者たちに関するメッセージの中で、T.オースチン・スパークスはこれを次のように述べています。「私たちが大いに行っているのは、次の二つを宣言することです―― 一つは、主は私たちの忠誠心をご自分で個人的に勝ち取られたということ。そしてもう一つは、主はこの宇宙で最高の権威の座に着いて代々の時代に至るよう神によって選ばれた方であることを、私たちは見るようになったということです。私たちが主に尽くしているのは、たんに個人的理由のためではありません。もしそうなら、巨人が姿を現す時、私たちはたちまち逃げ出してしまうにちがいありません。このように、これが試金石です。主は実際にとても激しく私たちに対して働いておられますが、それは私たちを試して、キリスト教に対する個人的権益や主との関係に対する個人的権益から私たちを引き離すためです。なぜなら、この地上で自分の個人生活に影響するものが脅かされる時、とても多くの場合、私たちは信仰を失ってしまうからです。主と関わっているクリスチャンですら、自分の地的権益を脅かすものが出現するのを前にすると、霊的に倒れて、散り散りになってしまいます。私たちはそれが自分にどう影響するのかという計算を払いのけて、主の権益の立場を取らなければなりません。これは私たちを非常に試みる、とても重要なことです。「これが自分にどう影響するかは問題ではありません。主はこのことでどんな損害を被ることになるのでしょう?私が逃げ出したり、これが優勢になったりしたら、主はどんな損失を忍ばなければならないのでしょう?これは私の主にどのような影響を与え、主の御座という偉大な事実にどう影響するのでしょう?」と私たちは言わなければなりません。

「自分は御座の務めの中にあるのでしょうか?それとも、自分の個人的権益のために地に張り付いているのでしょうか?」と自問しましょう。この戦いで自分が祈りを通してどれほど貢献できるかは、続いて起きることに注意していればわかります。

何年も昔のことですが、第二次世界大戦が世界を席巻する直前に英国で開かれた集会の中で、ウオッチマン・ニーは「初めの愛」でキリストを愛する意味を祈りの中で言い表しました。日本が中国を侵略しており、彼の国は悲惨な戦争の初期の段階にありました。しかし、日本人の講演者と一緒に壇上に座していた時、彼は次のような方法で祈ったのです(ニー氏は中国人でした)。皆が中国の戦禍をよく覚えていました。彼の番が来た時、彼は極東のためのとりなしに集会を導きました。そこに居た私たち三十台の多くの者にとって、それは一つの啓示でした。それは、その場に居合わせる特権にあずかった人たちにとって、忘れえない祈りでした。

「主が治めておられます。私たちはそれを大胆に断言します。私たちの主イエス・キリストが治めておられます。彼は万物の主です。なにものも彼の権威を損なうことはできません。中国と日本における主の権益を損なうために世に出てきているのは、霊の軍勢です。ですから、私たちは中国のために祈りません。日本のために祈りません。私たちは中国と日本におけるあなたの御子の権益のために祈ります。私たちはいかなる人も責めません。なぜなら、彼らはあなたの敵の手の中にある道具にすぎないからです。私たちはあなたの御旨のために立ちます。おお主よ、暗闇の王国を粉砕して下さい。あなたの教会に対する迫害があなたを傷つけているからです。アーメン」