初期ケズイックのメッセージ

死と復活によるキリストとの合一

著者不明

勝利者誌 一九二六年 七巻 七月号 掲載。

編集者が宝のように大切にしている本の一つに、「力に至るキリスト者の小径」という一冊の合本があります。それは一八九一年にエバン・ホプキンス夫人から編集者に贈られたものであり、ケズイック運動に関連して出版された月刊誌の第二巻でした。後に、この雑誌の表題は「信仰生活」に変わりました――それは今では週刊誌になっていて、幸いなことに活況で発行部数も好調です。ここに掲載する抜粋から、ローマ六章の十字架のメッセージが、いかにケズイック運動のまさに根幹をなしているのかがわかります。――編集者。

私たちの義認は、私たちのためのキリストの死の結果です。しかし、私たちの聖化は、私たち自身がキリストにあって、キリストと共に死んだ結果です。「イエス・キリストの中へとバプテスマされた私たちは彼の死の中へとバプテスマされたことを、あなたたちは知らないのですか?」。それゆえ、「私たちは、死の中へのバプテスマによって、彼と共に葬られました」。「私たちは彼の死の様の中へと共に植えられています……」。

……イエスの死には異なるいくつかの面があります。その一つの面は、彼の教会を生み出すために必要な出来事を、私たちの前に示します。「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それは一粒のままです。しかし、死ねば多くの実を結びます」。主イエスは死んで復活されました。そして彼から、彼の命と性質にあずかる、素晴らしい魂の収穫が生じました。義とされた信者は、言わば、死んでキリストの死の中へと入り込まなければなりません。それは、彼の命の中で生きるためです。信者は葬られてキリストの葬りの中に入り込まなければなりません。それは、彼と共によみがえらされるためです。「それは、キリストが御父の栄光によって死者の中からよみがえらされたように、私たちも命の新しさの中を歩むためです。なぜなら、もし私たちが彼の死の様の中に共に植えられているなら、私たちは彼の復活の様の中にもあるようになるからです。私たちは次のことを知っています。私たちの古い人が彼と共に十字架につけられたのは、罪の体が滅ぼされて、私たちがもはや罪に仕えることがないためです……」。

ここで私たちは新創造もしくは再生を得ます。バプテスマはそれについて神が定められたしるしです。これは罪に対する死、義への新生であり、これをバプテスマされた人はみな守らなければなりません。それは、彼の死と復活によるイエスとの合一から生じた結果である、特別な祝福です。それは義認の祝福とはまったく別のものです。義認の祝福は、イエスの死と復活を信じる信仰の結果です。この方は私たちの名を担って、そして私たちのために、死んで復活されたのです。義認の祝福を発展させて聖化の祝福に至らせることは決してできません。なぜなら、この二者の性格と起源は異なるからです。信者のためのキリストの死は、信者を罪過と刑罰から救います。しかし、信者自身がキリストにあって死んだことにより、信者は罪から救われます。……しかし、義とされた信者は、自分もキリストと共に死んでよみがえらされたことを、教理として信奉するだけでなく、事実として認めないかぎり、罪に対して死んでいないのです……。

一一節で聖パウロは、「自分は罪に対してまったく死んでいると見なしなさい」と述べています。自分は具合が悪いと見なしてはなりません、死んでいると見なしなさい。自分は自分の昔の使役者である罪から解かれたにすぎない、と見なしてはなりません。それから断ち切られた、と見なしなさい。しかし、ほとんどのクリスチャンは、自分は罪に対して具合が悪い、と見なしています。それで、彼らに対する罪の力は大いに弱められて軽減されているものの、彼らは罪から解放されていないのです。なぜなら、自分は罪に対して依然として少し生きている、と見なしているからです。また、自分の魂が地上の幕屋から分離されない限り、罪に対して死ぬのは無理である、と彼らが言っているからです……。

「ですから、罪にあなたたちの死すべき体を支配させてはなりません」。「ですから」というのは、あなたたちは罪に対して死んでいるからです。しかし、罪に対して全く死んでいると見なす代わりに、罪に対して具合が悪いと見なすなら、信者は罪が自分の中で支配するのを許すことになります。信者は言います、「いいえ、罪は支配していません。私が抵抗するには手ごわすぎること、罪が私を打ち負かすことが時々あるだけです」。罪が支配権を握って、自分の肢体の中にある罪の法則の力と権威に魂が服するとは、いったいどういうことでしょう?「ああ、しかし、それは私がそうさせているわけではありません。私はそれを願っていませんし、そうならずにすむならなんでもします。けれども、私にはどうしようもないのです。自分のしたいことができない時、自分がしたくない悪を行ってしまう時があるのです。それに気づく前に、つい行ってしまうのです」。これは確かに、その信者に対して罪が依然として主権を握っていることの告白です。信者は罪に対して死んでおらず、「今生では罪に対して死ぬのは無理である」と言っているのです。

このように、罪に対して死ぬことを拒否することにより、そして、自分は罪に対して死んだと見なすことを拒否することにより、信者は罪を生かし、罪が支配するのを許します――なぜなら、罪は仕えることに決して同意しないからです。罪を全く拒否するか、罪に支配・統治を許すかの、いずれかでなければなりません。罪からの解放は不可能である、と私たちが言っている限り、罪には私たちに従順を要求する権利があります……聖パウロは私たちの口から、「今生で罪から解放されるのは不可能です」という流行りの議論を封じて、「あなたたちの死すべき体を罪に支配させてはなりません」と述べています。彼が言わんとしているのはこういうことです。あなたが自分の死すべき体の中にある間に、死後ではなく――あなたが自然死を遂げる前に、あなたが地上に生きている間に、その束縛を断ち切り、略奪者を退位させ、ただ主だけにあなたの心の王座とあなたの生涯の奉仕をささげなさい。「自分は罪に対して全く死んでおり、私たちの主イエス・キリストを通して神に対して生きている、と見なしなさい」。罪に対して完全に死なない限り、神に対して完全に生きることはできません。罪から完全に解放されない限り、神に対して完全に生きることはできません。